マリオット2022年1Qプロモーション

【2022年】マリオットプロモーション(宿泊実績2倍、ボーナスポイント):おすすめホテル情報も!

・2022年1Qのマリオットプロモーションの内容は?

・2022年1Qマリオットプロモーションを使うと上級エリート会員になりやすい?

・2022年1Qマリオットプロモーションにおすすめのホテルは?

そんな疑問にお答えします。

 

2020年、2021年とコロナの影響もあってマリオット・ボンヴォイのキャンペーンが目白押しでした。

2022年のキャンペーンはどうなるのかと注目されていましたが、2022年1月25日にとうとう詳細が発表されました!

昨年に引き続き、非常に強烈なキャンペーンとなっていますので、うまく活用していきたいですね。

 

こんな僕が記事をご紹介します。

もくれれもくれれ
・マイルで家族4人を笑顔にするパパマイラー
・子供が生まれて跳ね上がった海外旅行費に愕然
・マイルと出会って気軽に旅行へ行けるように
・年間100万マイル相当を貯めています
・この経験を皆さんにも味わってもらうためにブログ配信中

 

本記事の前半ではキャンペーンの内容をご紹介し、後半では活用方法をご紹介します。

本記事を読むことでマリオット・ボンヴォイの2022年1Qプロモーションを理解するとともに、その活用方法について学ぶことができます。

それでは解説していきますね。

2022年1Qプロモーション「宿泊実績2倍+1泊ごとに1,000Pボーナス」

マリオット2022年1Qプロモーション

 

キャンペーン概要

2022年1Qのマリオット・ボンヴォイのキャンペーンの概要は以下の通りです。


【キャンペーン内容】

  1. 1泊ごとに1,000Pのボーナスポイント
  2. 1泊ごとにエリートナイトクレジット1泊分
  3. どちらも上限無し

 

エリートナイトクレジットとは宿泊実績のことです。

マリオット・ボンヴォイでは年間の宿泊実績に応じて、会員ステータスが決まります。

今回のプロモーションは、わかりやすく言うと、1泊ごとに1,000Pと1宿泊実績がボーナスとして付与されます。

つまり通常の2倍の速さで上級会員になれるということになります!


【キャンペーン適用条件】

  1. 事前にプロモーションにエントリーしていること(エントリー期限は2022年4月20日まで)
  2. 有償宿泊であること
  3. 2022年2月8日から5月4日までの宿泊であること
  4. ポイントとエリートナイトクレジットはチェックアウト後7営業日以内に付与される

 

本キャンペーンは事前登録制です。

マリオットのWebページまたはアプリの「プロモーション」から登録が可能です。

プロモーションに出てこない場合は、デスクに電話することで登録することが出来ます。


【注意事項】

  1. 以下の宿泊はプロモーション対象外となる
    (1) キャッシュ+ポイント
    (2) 無料宿泊特典サーティフィケート
    (3) ポイントの交換を含むアワード交換
  2. マリオット公式サイトからの予約が対象
  3. 会員1名に対して1軒1部屋が対象
  4. エリートナイトクレジットは、アカウントに反映された有資格年にのみカウントにカウントされる
  5. プラチナチャレンジは本キャンペーンとの併用が可能。ただし純粋に16泊が必要となる。

【公式サイトでの告知】
・公式サイトではこちらのページで発表されています。

 

2022年1QプロモーションのQ&A

マリオット・ボンヴォイ2022年1Qプロモーションで2つほど、不明瞭な点がありましたが、2022/1/26に公開されたQ&Aにて解消しています。

 

①有償宿泊とポイント宿泊を組み合わせた滞在は、プロモーション対象となるか?

2021年の1Qプロモーションでは、今回と同じように宿泊実績が2倍となるキャンペーンがあったのですが、この時は有償宿泊とポイント宿泊を1滞在とした場合も、プロモーションの対象となりました。

しかし2022年のプロモーションでは、あくまで有償宿泊分のみプロモーション対象となります。

例えばポイント宿泊を3泊、有償宿泊を2泊で組み合わせとした滞在の場合、プロモーション対象となるのは有償宿泊の2泊だけとなります。

ポイント泊をプロモーションに活かせないのは残念ではありますが、常識的に考えると当然の結果かな、と思います。

 

②ライフタイムの宿泊実績になるか?

昨年のプロモーションではライフタイム会員資格の宿泊実績にも加算されました。

こちらについては、昨年と同様に2022年のプロモーションでもライフタイム会員資格の対象となります。

 

上位エリート会員への道

1Qプロモーションの内容を踏まえて、2022年にどの会員を目指すべきかを考えてみます。

上位エリート会員への必要宿泊数

今回のプロモーションを使って、上級エリート会員を目指す場合の必要宿泊日数についてまとめます。

以下の前提条件でシミュレーションします。

【前提条件】
・SPGアメックスを所有していること
:SPGアメックスの特典である5日の宿泊実績を含めています
・50泊、75泊で獲得できる年間チョイス特典で5泊の宿泊実績を選択すること
:チタンで5泊、アンバサダーで10泊の宿泊実績を含めています
・1Qプロモーション期間内に全ての宿泊を行うこと


【必要宿泊数】
・プラチナエリート:23泊
・チタンエリート:33泊
・アンバサダーエリート:43泊
(アンバサダーエリートは宿泊数とは別に$20,000の利用実績も必要)

図解するとこのような形になります。

 

単純にプロモーションがない場合の半分の宿泊数で上位資格が獲得できてしまいます!

グラフにすると宿泊実績ボーナスの威力がよくわかりますね(笑)

SPGアメックスを所有することで得られる5泊の宿泊実績も地味に効いてきます。

SPGアメックスの入会を検討中の方は、以下のリンクから紹介コードを発行可能ですので、よろしければご利用ください。

 

プラチナエリートを目指す場合

金額ベースで考えると、宿泊するホテルにもよりますが、比較的に安価なホテルを選択したとしても平均10,000円/泊程度は必要です。

これを考えると、プラチナエリート取得には23万円程度が必要です。

今回取得したエリート資格は、2024年の2月まで有効なものとなりますので、朝食無料!クラブラウンジアクセス可能!お部屋のアップグレードあり!のプラチナエリートで2024年の2月までに何宿泊できそうかで、資格取得を目指すか、目指さないかを決めるとよいと思います。

大人2名の宿泊で考えると、朝食3,000円×2名、クラブラウンジ利用5,000円×2名で、少なく見積もっても1泊あたり16,000円ぐらいの付加価値になる計算です。

これに加えてお部屋のアップグレードもあるので、2024年の2月までに10泊以上する可能性があれば、取得しても損はしないのではないかと思います。

実際に僕がプラチナエリートの時にどれくらい得したのかをまとめた記事がこちらです。

よろしければごらんください。

関連記事

マリオットのプラチナエリートを取得して初めての夏休み。プラチナエリートがあるとどれくらいお得になるのか気になりませんか? そこで今回は、僕が実際に夏休みに宿泊したホテルでの実績を元に、どれくらいお得になった[…]

 

チタンエリートを目指す場合

プラチナエリートと同様にチタンエリートを目指す場合を考えると、必要となる予算は33万円程度です。

これに対してプラチナエリートとチタンエリートとの特典内容には目に見える大きな違いはありません

もちろんプラチナエリートよりも上位のエリート資格となるため、お部屋のアップグレードなどはプラチナエリートより優先されますが、これは宿泊当日のお部屋の空き状況などに左右される話なので、確実なメリットではありません。

とはいえ、2年間チタンエリートを経験した僕の実績だと、やはりチタンエリートは待遇がよいと感じています。

プラチナエリートとチタンエリートを比較した記事です。

よろしければご覧ください。

関連記事

マリオット・ボンヴォイのエリート資格の1つであるチタンエリート。1つ下のプラチナエリートと比較すると、大きな特典などもなく、チタンエリートを取得する必要があるの?と疑問に思っていませんか?そこで本記事ではマリオット・[…]

 

アンバサダーエリートを目指す場合

アンバサダーエリートを目指す場合は、これまでの費用換算だと43万円程度ということになります。

しかしアンバサダーエリートを取得するためには宿泊実績の他に、$20,000の利用実績も必要となります。

なので43万円で100泊を達成してもアンバサダーエリートにはなれないんですね。

こちらは年間で$20,000利用というハードルを越えることが出来るか否かで判断するのがよいです。

 

おすすめのホテル

次に本プロモーションで宿泊実績を稼ぐのにおすすめのホテルをいくつかご紹介します。

なお、こちらに掲載している価格は2022年1月26日時点の価格となります。

ホテルの価格は日々変動しますので、その点はご了承ください。

 

安価なのは函館!

国内で唯一のカテゴリー3のホテルである「フォーポイントバイシェラトン函館」は宿泊費も安価です。

7泊で55,100円(税サ込)なので、平均7,781円/泊と、8,000円を切る価格で宿泊可能です。

ただ函館在住の方であればよいですが、他県の方などは飛行機で移動する必要がありますので、この辺りの融通が利く方向けのプランとなります。

 

大阪は安価なホテルが多い

函館には及びませんが、大阪もリーズナブルなホテルが多いです。

フェアフィールド・バイ・マリオット大阪難波」は、事前払いのキャンセル不可プランではありますが、7泊で56,928円(税サ込)、平均8,470円で宿泊可能です。(1泊から予約可能)

キャンセル可能なプランでも7泊で60,276円(税サ込)、平均8,610円/泊で宿泊可能です。(1泊から予約可能)

 

他には「モクシー大阪本町」が、7泊で59,290円(税サ込)、平均8,470円/泊というプランを出しています。

このプランは5泊以上で予約可能です。

 

東京は長期滞在プランがおすすめ

一方で僕が住む東京は宿泊費が高いです・・・

比較的安価なモクシー東京錦糸町でも、13,000円/泊するので、函館や大阪に比べると非常に高いです。

その中でおすすめするとすると、「アロフト東京銀座」が比較的に安価です。

7泊で86,214円(税サ込)、12,315円/泊となっています。

ただしこちらのプランは7泊以上からです。

 

条件も厳しくて費用も函館、大阪の1.5倍・・・東京から逃げ出したいです(笑)

 

宿泊は楽しむことが大事

ここまでコストだけ見てきましたが、ホテル宿泊は楽しむことが大切です。

上記のホテル宿泊が楽しくないという意味ではないですが、クラブラウンジがないですし、プラチナエリート以上でも朝食が提供されないホテルもあります。

あなたがすでにプラチナエリート以上なのであれば、朝食やクラブラウンジ付きのホテルを選び、ホテルの楽しみを増やすのもおすすめです。

例えば、「シェラトン都ホテル大阪」はリニューアルしたばかりのクラブラウンジがあり、費用も比較的にリーズナブルです。

7泊で84,450円、平均すると12,064円/泊で宿泊可能です。

 

コストパフォーマンスだけを追求するよりも、このように楽しみながら宿泊するのが僕のおすすめです。

ホテルの朝食は朝から元気が出ますし、クラブラウンジのカクテルタイムは1日の疲れが一気に取れてリフレッシュされます。

色々なホテルがあるので、組み合わせながら宿泊実績を貯めたいですね!

 

2022年もマリオットが楽しい!

本記事では2022年1Qのマリオットキャンペーンをご紹介しました。

今年も宿泊実績のプロモーションが来たことで上位エリート会員が取得しやすくなっています。

僕も2020年にプラチナエリート、チタンエリートを取得して以来、すっかりマリオットにハマってしまいました。

まだまだ宿泊したことのないホテルもたくさんあるので、楽しみながらプロモーションを活用していきたいと思います。

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

<スマイラーズナビのマリオットホテル宿泊レビュー記事一覧>

よろしければ、併せてご覧ください。

ホテル名レビュー記事内容
アロフト大阪堂島ロフトキングのレビュー
アロフト東京銀座サヴィールーム(ツイン)のレビュー
伊豆マリオットホテル修善寺温泉露天風呂付デラックスツインのレビュー
スーペリアルーム温泉付きツインのレビュー
イラフSUIラグジュアリーコレクションホテルオーシャンフロントコーナージュニアスイートのレビュー
大阪マリオット都ホテルクラブデラックスルームのレビュー
ザ・リッツ・カールトン大阪デラックスルームのレビュー
ザ・リッツ・カールトン沖縄オーシャンビューダブルのレビュー
クラブラウンジのレビュー
プールとキッズガーデンのレビュー
レストラン朝食のレビュー
シェラトン沖縄サンマリーナリゾートデラックスルームツインのレビュー
シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル和室スイートのレビュー
ガーデンプールとラウンジのレビュー
ファミリープレミアムのレビュー
クラブスイートのレビュー
南紀白浜マリオットホテル温泉ビューバスツインのレビュー
ラウンジと朝食のレビュー
フェアフィールド・バイ・マリオット大阪難波スーペリアルーム(1キング)のレビュー
富士マリオットホテル山中湖スーペリアツインのレビュー
レストラン(朝食・夕食)のレビュー
メズム東京Chapter1ガーデンビューのレビュー
モクシー大阪新梅田スタンダードルーム(1クイーン)のレビュー

 

みなさんからのアクセスが、記事投稿の活力です。
よろしければ上記のリンクから本記事のシェアを頂けると嬉しいです。

本サイトでおすすめのクレジットカード「マリオットボンヴォイアメックス」の紹介入会はこちらから。
通常39,000ポイントの入会特典ボーナスが、45,000ポイントに増額されます!!

マリオットボンヴォイアメックスプレミアム
マリオット2022年1Qプロモーション
最新情報をチェックしよう!