マリオットポイントは本当にお得?その価値はズバリ0.4円!

・マリオットポイントってお得なの?

・マリオットポイントの価値は?

・マリオットポイントは何円になる?

そんな疑問にお答えします。

 

マリオットボンヴォイアメックスの入会などで大量に獲得できるマリオットポイント。

お得にマリオットホテルに宿泊出来る上にマイルにも交換可能と、旅行に非常に強いポイントです。

ただ色々な情報がありすぎて、結局どれくらいの価値かよくわからないですよね。

 

特に僕が違和感を感じるのは、SNSなどでよく見かけるこんな情報。

「10,000円の宿泊プランで、ボーナス3,000P、実質7,000円!」

マリオットポイントを1P=1円で計算しているんですが、これは本当でしょうか?

 

結論から言うと、これは誤解を招く非常に危険な表現です。

マリオットポイントは非常にお得に使うことが出来ますが、いつでも誰でもお得になるとは限らないポイントだからです。

そこで本記事ではマリオットアメックス入会6年目、チタンエリート4年連続更新中の僕が、マリオットポイントの価値について徹底解説します。


もくれれもくれれ
・マイルで家族4人を笑顔にするパパマイラー
・マイルやポイントでお得に旅行しています
・2023年航空チケット・ホテル宿泊費無料のハワイ旅行達成
・この経験を皆さんにも味わってもらうためにブログ配信中

 

本記事を読むことでマリオットポイントの価値を深く理解することができます。

マリオットアメックス入会を検討している方や、入会済みでマリオットポイントをどうやって使おうか検討中の方に読んで頂きたい記事です。

 

マリオットポイントの価値を知って、お得に宿泊をしましょう!

それでは解説していきますね。

 

マリオットポイントの価値は1P=0.4円

最初にお伝えしてしまいます。

ずばり、マリオットポイントの価値は1P=0.4円です。

え?そんなに低いの??

びっくりした方も多いと思います。

 

これがどんな人にも共通のマリオットポイントの価値になります。

その理由を説明しますね。

 

どんな人にも共通の価値となるのは換金性

どんな人にも共通の価値を提供できるのは現金です。

そのため、僕はポイント価値は換金性で考えるべきだと思います。

 

マリオットポイントを現金に交換するルートは存在しません

でも下図のルートで交換することでMasterカードの支払いに1P=1円で使えるポイントに交換できます。


マリオットポイント換金ルート


 

このルートを使うことで、Masterカードを使って、現金のようにいつもの買い物をマリオットポイントで支払うことが可能になります。

これなら、どんな条件の人でも共通の価値としてポイントを使うことが出来ます。

 

JALマイルをJGWに交換する時のレートは、10,000マイルが最も効率がよいです。

逆に10,000マイル未満を交換してしまうと、一気に交換レートが悪くなるので今回は記載していません。

JGWについてはこちらの記事で詳細を解説していますので、よろしければご覧ください。

関連記事

本記事ではマリオット・ボンヴォイポイントおよびJALマイルを現金に交換する方法を解説します。 新型コロナウイルスの影響でホテル業界、航空業界は経営に大きな影響が出ています。本ブログ「スマイラーズナビ」では、[…]

マリオット・ボンヴォイ 現金化

 

また、マリオットポイントをJALマイルに交換する場合は、通常は3ポイント=1マイルとなりますが、60,000Pを一気に交換すると5,000マイルのボーナスが付くのでこれを最高率パターンとして計算しています。

 

他の観点だと、2022年からマリオットポイントから楽天ポイントへの交換も始まりました。

楽天市場では大抵のものが購入可能なので、換金に近いポイントと位置付けることが出来ます。

この場合は、3マリオットポイント=1楽天ポイント=1円となります。

つまりこの場合も、マリオットポイントの価値は1P=0.33円となりますね。

 

まとめるとマリオットポイント価値は、1P=0.33円から0.46円となります。

思っていたよりも価値が低くてびっくりしているのではないでしょうか。

でもこれが現実です。

 

なので、マリオットホテルに宿泊して3,000Pを獲得したとしても、これで宿泊費が実質3,000円引きと考えるのは危険なのです。

実際はもっと価値が低いです。

 

ただし、ホテル宿泊または特典航空券への利用に限定すれば、その価値は数倍になるのも事実です。

「獲得したポイントを無理なくホテル宿泊や航空券に利用できる人」は1Pを1円どころか、それ以上の価値で使うことが出来ます。

 

クレジットカードの還元率から考える

次にクレジットカードの還元率の観点からマリオットポイントの価値を評価してみます。

 

一般的なクレジットカード還元率は0.5%〜1.5%

一般的なクレジットカードの還元率は0.5%〜1.5%程度です。

例えば年会費無料で人気の楽天カードは、100円の利用で楽天ポイントが1P貯まります。

楽天ポイントは楽天ので1P=1円で使うことができます。

換金性の高いポイントは価値が分かりやすいですね!

 

マリオットアメックス(旧SPGアメックス)の還元率

マリオットボンヴォイアメックスプレミアム

 

マリオットポイントの貯まるクレジットカードといえば、「マリオットアメックス(マリオットボンヴォイアメックスプレミアム)」です。

マリオットアメックスを決済に使った場合、100円で3ポイントが貯まります。

ここで貯まるポイントはマリオットポイントなので、残念ながら還元率3%とはなりません。

前述した通り、1P=0.4円というところです。

そう考えると還元率1.2%ということになり、クレジットカードの還元率の観点からも、1P=0.4円の考え方が妥当な価値であることがわかります。

 

換金性で考えたときの価値は低いですが、ホテル宿泊やマイル交換に用途を限定するとその価値は数倍に膨れ上がります。

次はポイントをうまく使った時の価値について解説していきます。

 

マリオット・ボンヴォイホテル宿泊に利用する

マリオットポイントの最もスタンダードな使い方は、マリオット・ボンヴォイホテルのポイント宿泊に利用することです。

マリオットのポイント宿泊についてご説明します。

 

マリオットでは2021年まではホテルをカテゴリーに分類し、そのカテゴリーに応じて宿泊に必要なポイント数が定められていました。

しかし2023年からこの制度は完全に撤廃され、各ホテルが自由にポイント数を設定できるようになりました。

とはいえ今のところは従来のカテゴリー制に近いポイント数で宿泊できる状況ですので、本記事ではわかりやすい従来のマリオットのポイント宿泊ルールで解説していきます。

 

マリオット・ボンヴォイホテルのポイント宿泊ルール

マリオット・ボンヴォイホテルのポイント宿泊の基本ルールを簡単にご紹介します。

2021年までマリオット・ボンヴォイホテルはカテゴリー制度を用いたポイント宿泊ルールを採用していました。

この制度は2022年では廃止されていますが、ポイント宿泊ルールのイメージを持つにはわかりやすいので、こちらを使ってまずは説明しますね。

 

マリオット・ボンヴォイホテルは8つのカテゴリーに分類されており、各カテゴリーごとに宿泊に必要なポイント数が定められています。

また宿泊する時期によって必要ポイントが変動します。

各カテゴリー、各シーズンで必要になるポイント数を下表にまとめました。

 

カテゴリーローシーズンレギュラーシーズンハイシーズン
15,0007,50010,000
210,00012,50015,000
315,00017,50020,000
420,00025,00030,000
530,00035,00040,000
640,00050,00060,000
750,00060,00070,000
870,00080,000100,000

 

この必要ポイント数はマリオット・ボンヴォイホテル共通のルールとなっていますが、どの日をどのシーズン料金設定にするかは各ホテルで設定できるようになっています。

そのため、週末やお盆などの繁忙期であっても、あるホテルはローシーズン設定、別のホテルはハイシーズン設定というように別々の設定となることがあります。

 

日本のホテルの場合、カテゴリーは最低でも3以上となっています。

そのためポイント宿泊可能なのは15,000P〜となります。

一方でザ・リッツ・カールトン東京などのホテルはカテゴリー8となっており、最大で100,000Pが必要となってきます。

このようにホテルによって必要ポイントが変わってきます。

 

このカテゴリー制度をある程度踏襲しつつ、カテゴリーを廃止したのが現行のポイント宿泊制度です。

現在のポイント宿泊の状況をまとめてのが下表です。

ぜひ、参考にしてください。

・日本国内のマリオット・ボンヴォイホテルのポイント宿泊での必要ポイント数と宿泊料金をまとめています。

・地域ごとに50音順で並べています。

・ボトムのお部屋を対象としています。

・ポイント数と宿泊料金は日々変動するため目安としてご覧ください。

・2023年7月15日時点の情報です。

 

■掲載ホテル地域リスト

北海道
東北地方
東京
関東地方(東京除く)
中部地方
大阪
近畿地方(大阪除く)
中国・四国地方
九州・沖縄地方

 

■北海道地方
ホテル名ポイント宿泊宿泊料金
ウェスティンルスツリゾート50,000
〜69,000P
60,000
〜200,000円
東山ニセコビレッジ、ザ・リッツ・カールトン・リザーブ
80,000
〜120,000P
80,000
〜100,000円
フェアフィールド・バイ・マリオット札幌15,000
〜20,000P
20,000
〜50,000円
フェアフィールド・バイ・マリオット・北海道えにわ15,000
〜20,000P
15,000
〜30,000円
フェアフィールド・バイ・マリオット・北海道長沼マオイの丘公園15,000
〜20,000P
15,000
〜30,000円
フェアフィールド・バイ・マリオット・北海道南富良野
15,000
〜20,000P
15,000
〜50,000円

地域一覧に戻る

■東北地方
ホテル名ポイント宿泊
(必要ポイント数目安)
宿泊料金
ウェスティンホテル仙台30,000
〜40,000P
20,000
〜30,000円

地域一覧に戻る

 

■東京
ホテル名ポイント宿泊
(必要ポイント数目安)
宿泊料金
アロフト東京銀座30,000
〜39,000P
40,000
〜60,000円
ウェスティンホテル東京50,000
〜70,000P
55,000
〜100,000円
コートヤード・マリオット銀座東武ホテル30,000
〜40,000P
30,000
〜60,000円
コートヤード・バイ・マリオット東京ステーション