リッツ・カールトン沖縄のレビュー

【ブログ宿泊記】ザ・リッツ・カールトン沖縄:オーシャンビューダブルに家族4人で宿泊

・ザ・リッツ・カールトン沖縄に宿泊した個人的な感想をブログから知りたい

・ザ・リッツ・カールトン沖縄のゴールド/プラチナエリート特典は?

・ザ・リッツ・カールトンに子連れ宿泊は心配ない?添い寝ルールは?

・ザ・リッツ・カールトンのオーシャンダブルのお部屋情報を知りたい

そんな疑問にお答えします。

 

新型コロナウイルスの影響もあり、すっかり我が家の定番となった夏休みの沖縄旅行。

2020年はシェラトン沖縄サンマリーナリゾート、2021年はルネッサンス・リゾート・オキナワとイラフSUIラグジュアリーホテル、そして2022年は憧れのザ・リッツ・カールトン沖縄に宿泊してきました!

小学生の娘2人を連れた家族4人のブログ宿泊記です。

ザ・リッツ・カールトンといえば、マリオット・ボンヴォイの中でも最上位のラグジュアリーホテル・・・小さい子供を連れて大丈夫?といったような心配をお持ちの方にも読んで頂きたいです。

お子さん連れでザ・リッツ・カールトン沖縄宿泊を検討している方に、ぜひ読んで頂きたい記事にしています。

 

本記事ではそんなザ・リッツ・カールトン沖縄をブログ観点で徹底レビューします。

こんな僕が記事を書いています。


もくれれもくれれ
・マイルで家族4人を笑顔にするパパマイラー
・マイルやポイントでお得に旅行しています
・2023年航空チケット・ホテル宿泊費無料のハワイ旅行達成
・この経験を皆さんにも味わってもらうためにブログ配信中

本記事を読むことでザ・リッツ・カールトン沖縄の基本情報、エリート特典内容、オーシャンビューのお部屋について把握することができます。

前半でホテルの基本情報やエリート特典内容をご説明し、後半でお部屋やホテル設備についてレビューします。

それでは記事をご紹介しますね。

本記事は2022年8月にチタンエリート資格で宿泊した時の宿泊記となります。

 

ザ・リッツ・カールトン沖縄のクラブラウンジのレビューが気になる方はこちらの記事がお勧めです。

関連記事

・ザ・リッツ・カールトン沖縄に宿泊した個人的な感想をブログから知りたい・ザ・リッツ・カールトン沖縄のクラブラウンジのメニューやキッズメニューについて知りたい・ザ・リッツ・カールトン沖縄のクラブエクスペリエンスについて[…]

ザ・リッツ・カールトン沖縄 クラブラウンジ

 

ザ・リッツ・カールトン沖縄のプールとキッズガーデンのレビューが気になる方はこちらの記事がおすすめです。

関連記事

・ザ・リッツ・カールトン沖縄に宿泊した個人的な感想をブログから知りたい・ザ・リッツ・カールトン沖縄の屋内プール、屋外プールについて知りたい・ザ・リッツ・カールトン沖縄の子供が遊べる場所について知りたいそん[…]

ザ・リッツ・カールトン沖縄 プール

 

ザ・リッツ・カールトン沖縄のレストラン朝食とクラブラウンジ朝食の比較レビューが気になる方はこちらの記事がおすすめです。

関連記事

・ザ・リッツ・カールトン沖縄に宿泊した個人的な感想をブログから知りたい・ザ・リッツ・カールトン沖縄のレストラン「グスク」での朝食について知りたい・ザ・リッツ・カールトン沖縄のクラブラウンジとレストランの朝食の違いにつ[…]

ザ・リッツ・カールトンの朝食

 

ザ・リッツ・カールトン沖縄の基本情報

 

まずはザ・リッツ・カールトン沖縄の基本情報をまとめます。

旧カテゴリー制度「8」のホテル

ザ・リッツ・カールトン沖縄は2012年に開業したホテルです。

ザ・リッツ・カールトンは、マリオット・ボンヴォイの中でも最も最上位のホテルブランドとなっており、ザ・リッツ・カールトン沖縄も旧カテゴリー制度では最高の「8」にランクしているホテルでした。(カテゴリー制度は2022年で廃止)

建物自体は喜瀬別邸ホテル&スパを改修し、リブランドしたものとなっています。

地下1階から7階までの全97室のホテルです。

それほど規模が大きいホテルではないので、ゆったりと過ごすことが出来るのが特徴の1つです。

 

沖縄県名護市のホテル

ザ・リッツ・カールトン沖縄は、沖縄県の名護市の喜瀬にあります。

沖縄のリゾートホテルというとビーチフロントのホテルを思い浮かべると思いますが、ザ・リッツ・カールトン沖縄は喜瀬カントリークラブに隣接しており、高台の上に立つホテルとなっています。

 

 

 

車でのアクセス

沖縄県には基本的に電車がないため、移動は車が中心となります。

レンタカーの利用

ザ・リッツ・カールトン沖縄は那覇空港から沖縄自動車道を使って75分の場所にあります。

ホテルから観光地への移動などにも便利なので、レンタカーがおすすめです。

駐車場も客室数に対して十分なスペースがあるため、予約などは不要です。

駐車スペース108台(地下1階、屋内駐車場)
セルフパーキング無料
バレーパーキング3,000円/1泊

 

タクシーの利用

タクシーの場合は、約20,000円くらいかかります。

人数にもよりますが、コストパフォーマンスはよくないですね。

 

リムジンバス・エアポートシャトルの利用

空港リムジンバスもありますが、ザ・リッツ・カールトン沖縄行きは1日1便しかありません。

近隣のオリエンタルホテル沖縄リゾートであれば、1日4便あるので、こちらを利用するのもありです。

 

またはエアポートシャトルであれば、かりゆしビーチ前に1日11便停車します。

それぞれの料金は下表のようになっています。(2022年9月現在)

情報は執筆時点のものですので、ご利用の前に公式サイト情報をご確認ください。

空港リムジンバス(公式サイト
大人2,140円
3歳〜11歳1,070円
3歳未満無料
沖縄エアポートシャトル(公式サイト
大人1,600円
小学生800円
乳児無料

 

 

ザ・リッツ・カールトン沖縄の外観

ではザ・リッツ・カールトン沖縄のレビューを開始します。

まずは外観です。

ザ・リッツ・カールトン沖縄の館内

ザ・リッツ・カールトン沖縄のエントランスがこちらです。

ホテルエントランスはこれからの宿泊を想像してワクワクしますよね!

ザ・リッツ・カールトン沖縄 エントランス

 

決して広いとは言えないロビーですが、高い天井と中庭への抜け感が、解放感ある空間を作り出しています。

非常に贅沢な空間となっています。

ザ・リッツ・カールトン沖縄は、どの場所を切り取っても素敵な空間として成り立っているのが1つの特徴だと思います。

館内を色々と見て回るだけでも、とても楽しめるホテルです。

 

ザ・リッツ・カールトン沖縄 ロビー
ロビーエントランス(1)
ザ・リッツ・カールトン沖縄 ロビーロビーエントランス(2)
ザ・リッツ・カールトン沖縄の独特の雰囲気は、この中庭の存在が大きいです。
水を湛えた中庭は心を落ち着かせてくれます。
椅子に座ってこの中庭を眺めているだけで、贅沢な時間を過ごすことができますよ。
ザ・リッツ・カールトン沖縄 中庭中庭
ザ・リッツ・カールトン沖縄 中庭中庭を眺めながらくつろげる椅子

ザ・リッツ・カールトン沖縄のプラチナエリート特典と子供宿泊情報

次にザ・リッツ・カールトン沖縄のエリート特典及び子供の添い寝情報をまとめます。

 

ゴールドエリート特典とプラチナエリート特典

ザ・リッツ・カールトン沖縄のプラチナエリート特典を以下にまとめます。

こちらは2022年8月時点の内容です。

ザ・リッツ・カールトン沖縄のエリート特典は、ウェルカムギフトなどに変更が結構あるようなので、宿泊前に最新情報を調べてくださいね。

ゴールドエリートプラチナエリート以上
ウェルカムギフト・500P・2,000P
・レストランのウェルカムドリンク
・お部屋のドリンクバーのハーフボトルシャンパン
・ホテルクレジット3,000円分
*上記のどちらかを選択
お部屋のアップグレード・あり
*空室状況による
・あり
*空室状況による
レイトチェックアウト・14時まで
*空室状況による
・16時まで
*空室状況による
ボーナスポイント・+25%・+50%
チタン以上の場合は+75%
クラブラウンジ・利用不可・利用不可
・プールサイドでのシャンパンレセプション(平日のみ)

 

 

プラチナエリート以上でも無料朝食とクラブラウンジアクセスなし

エリート特典で嬉しいのはプラチナエリート以上の特典である、無料朝食とクラブラウンジのアクセスですね。

しかし残念ながら、ザ・リッツ・カールトンでは朝食とクラブラウンジの特典は対象外となっています。

ザ・リッツ・カールトン沖縄も同様です。

 

朝食は4,900円/人となっています。

ただしマリオットポイントを使った宿泊の場合は、2,900円/人で朝食を頂くことが出来ます。

ウェルカムチョイスの3,000円クレジットとの合わせ技も可能なので、クレジットを選択すれば1名までは朝食無料で頂くことができます。

 

クラブラウンジの利用は、クラブラウンジアクセス付きのプランを予約するか、追加料金を支払うことで利用することが出来ます。

今回の宿泊はクラブラウンジへのアクセスを追加で付けて頂きました。

 

子供の添い寝ルール

ザ・リッツ・カールトン沖縄の添い寝ルールは、1ベッドにつき小学生までの子供1名まで可能です。

ただし施設使用料6,325円/人が必要となります。

 

マリオットポイントを使った宿泊の場合は、3名分の施設使用料が含まれて