【ブログ宿泊記】ACホテル東京銀座に子連れ宿泊!プライムスーペリアツインのお部屋

・ACホテル東京銀座ってどんなホテル?

・ACホテル東京銀座のゴールド/プラチナエリート特典は?

・ACホテル東京銀座の子供用アメニティはある?

・ACホテル東京銀座のクラブラウンジは?朝食は?

そんな疑問にお答えします。

 

ACホテル東京銀座は、2020年7月に開業した比較的に新しいマリオット・ボンヴォイのホテルです。

その名の通り、銀座に立地しており東京観光に最高のロケーションです。

近隣には同じくマリオット・ボンヴォイのアロフト東京銀座、コートヤード・マリオット銀座東武ホテルもあり、マリオット三兄弟などと言われていますね。

 

そんなACホテル東京銀座に宿泊してきましたので、その宿泊レビューをします。

立地だけではなく充実のアメニティや美味しい朝食などのおすすめポイントや、ちょっとこれはな…と思った悪い点も正直に紹介します。

こんな僕が記事を書いています。

もくれれもくれれ
・マイルで家族4人を笑顔にするパパマイラー
・マイルやポイントでお得に旅行しています
・マリオット大好き
・年間100万マイル相当を貯めています
・この経験を皆さんにも味わってもらうためにブログ配信中

 

本記事を読むことでACホテル東京銀座のエリート特典や朝食の内容を把握することができます。

【ACホテル東京銀座のポイント】
・銀座という買い物、食事、観光に最高の立地
・宿泊者の8割が外国人。外国気分を味わえる
・子供用も含めアメニティが充実。ふかふかバスローブは最高
・開放的なルーフテラス
・朝食は和食とフラメンカエッグがおすすめ
・有償宿泊でなくポイント宿泊がおすすめ

 

それでは記事をご紹介しますね。

本記事は2022年12月および2023年1月にチタンエリート資格で宿泊した時の宿泊記となります。

ACホテル東京銀座の基本情報

ACホテルは新しい楽しみ方のできるホテルブランド

ACホテルブランドはマリオット・ボンヴォイの中で、「ディスティンクティブセレクト」に分類されるホテルブランドです。

ディスティンクティブ(distinctive)とは、「独特の」という意味となっており、マリオット公式ページでも「ACホテルは、現代のビジネスのためのモダンなデザイン。新しい楽しみ方ができるホテルです。」と紹介されています。

 

同じカテゴリには「アロフトホテル」、「モクシー」がラインナップしています。

いわゆるラグジュアリーホテルではなく、カジュアルな雰囲気のホテルとなっています。

 

今回ご紹介するACホテル東京銀座は、日本初のACホテルブランドです。

運営は東武ホテルマネジメントが行なっており、お隣のコートヤード・マリオット銀座東武ホテルと同じとなります。

 

銀座という東京観光、ビジネスに最高の立地

ACホテル東京銀座は2020年7月に開業した新しいホテルです。

銀座の三越や歌舞伎座から徒歩数分という好立地にあり、観光にもビジネスにも便利なホテルです。

銀座ということで付近には地下鉄にJRにと駅も多数ありますので、どこへ移動するにも困ることはないです。

ホテル名
ACホテル東京銀座
住所
中央区銀座6-14-7
電話番号
03-5550-0102
最寄り駅
・都営地下鉄東銀座駅:徒歩3分
・東京メトロ銀座駅:徒歩5分
・JR有楽町駅:徒歩13分
・JR新橋駅:徒歩16分


隣には同じマリオット・ボンヴォイのアロフト東京銀座があります。

子供向けアクティビティのアロフトキッズなど解説したブログ宿泊記はこちらです。

関連記事

2020年、日本に初上陸したアロフトブランドのホテル「アロフト銀座」。銀座という立地、お洒落なバーなどが注目されており、大人向けのホテルという印象です。でも実はアロフトキッズなどがあり、子連れが楽しめる工夫もいっぱいある素敵[…]

よろしければ、併せてご覧くだださい。

 

お部屋のタイプ

お部屋のタイプは全部で9種類あります。

大きくはスタンダード、スーペリア、デラックスの3種類があり、ランクが上がるごとにお部屋が広くなります。

また、プライムと付くお部屋は、高層階のお部屋でアメニティが豪華なものになります。

特徴的なのはバスルームで、キングのお部屋はプライムスーペリアのお部屋でもシャワーのみでバスタブのないお部屋になります。

バスタブが必要な場合はツインのお部屋を予約する必要があります。

No.お部屋名称広さバスルーム
1スタンダードキング25平米シャワーのみ
2スタンダードツイン25平米シャワーのみ
3スーペリアキング30平米シャワーのみ
4スーペリアツイン30平米バスタブあり
5プライムスタンダードキング25平米シャワーのみ
6プライムスーペリアキング30平米シャワーのみ
7プライムスーペリアツイン30平米バスタブあり
8プライムキングデラックス50平米バスタブあり
9プライムツインデラックス60平米バスタブあり

 

子供の添い寝については、ベッド1台に対して小学生以下1名まで無料で宿泊可能です。

 

外観

エントランス

ACホテル東京銀座の外観がこちらです。

夜にチェックインしたため夜の画像となります。

ホテルエントランスの雰囲気からもスタイリッシュなホテルであることがわかると思います。

ACホテル東京銀座 外観
<ホテル概観1>
ACホテル東京銀座 外観
<ホテル概観2>

フロント

フロントの様子がこちらです。

このほかに2名分のカウンターがありますが、フロントはそれほど大きくはありません。

ウェルカムスイーツとして、フルーツピュレを固めたヨーロッパのゼリーがありました。

ACホテル東京銀座 フロント
<フロントデスク>
ACホテル東京銀座 ウェルカムスイーツ
<ウェルカムスイーツ>

 

フロントに入った途端に感じたのですが、とにかく外国の方がたくさん宿泊されています!

ホテルの方に伺ったところ、8割が外国の方とのことでした。

やはり銀座。

フロントやレストランなどでは英語をはじめとする外国語が飛び交っており、日本にいながら海外にいるような気分を楽しむことができます。

エリート特典

ゴールドエリート特典とプラチナエリート特典

ACホテル東京銀座のエリート特典を以下にまとめます。

ACホテル東京銀座にはクラブラウンジはありませんので、ラウンジアクセスはエリートランクに関わらず付与されません。

ゴールドエリートプラチナエリート
ウェルカムギフト・250P・500P
・朝食(1滞在で1回のみ)
・ウェルカムギフト
*上記の中から1つ選択
お部屋のアップグレード・スイート除く
*空室状況による
・スイート含む
*空室状況による
レイトチェックアウト・14時まで
*空室状況による
・16時まで
*空室状況による
ボーナスポイント・+25%・+50%
チタン以上の場合は+75%
その他・ルーフテラスヨガ無料
(通常1,000円)

 

お部屋のアップグレード特典はゴールドエリート以上から付与されます。

アップグレード特典は非常に大きなメリットですね。

さらにプラチナエリートになるとウェルカムギフトで朝食が選択できるのと、アップグレードにスイートも含まれるのが大きな違いです。

ただしACホテル東京銀座の朝食特典は、1滞在で1回のみです。

1泊の場合も、2泊以上の場合も朝食特典は1回のみとなるので注意してください。

 

ゴールドエリート資格にはマリオットボンヴォイアメックスに入会するだけでなることができます。

マリオットボンヴォイアメックスはマリオット系列ホテルに宿泊する際の最強のクレジットカードで、ゴールドエリートになれるだけではなく、無料宿泊特典ポイントアップなどの特典がたくさんあります。

マリオットボンヴォイアメックスのメリットとデメリットをこちらの記事にまとめていますので、よろしければご覧ください。

関連記事

・マリオットボンヴォイアメックス:プレミアムのメリットはなに?・マリオットボンヴォイアメックス:プレミアムのデメリットはなに?・マリオットボンヴォイアメックス:プレミアムってお得なの?そんな疑問にお答えし[…]

 

お部屋のアップグレード

今回はスタンダードツインのお部屋を予約していました。

チタンエリートで週末の宿泊でしたが、プライムスーペリアツインのお部屋にアップグレード頂けました。

ホテルのご好意にはいつも感謝です。

 

ACホテル東京銀座は、事前にアサインされたお部屋をマリオットアプリで確認することが出来ます。

予約時はスタンダードツインだった予約画面が、宿泊当日の朝にはプライムスーペリアツインに変更になっていました。

 

プライムツインスーペリアのお部屋デビュー

それではいよいよ宿泊したプライムツインスーペリアのお部屋のレビューをしていきます。

 

エレベータホール

初めて宿泊するホテルは、お部屋に向かうときが1番どきどきしますね♪

ACホテル東京銀座のエレベーターは、カードキーをかざすことで宿泊階にだけ泊まるシステムなのでセキュリティも万全です。

エレベータホールのデザインもおしゃれですよね。

デザインはフロアで異なるようでした。

写真はプライムフロア(高層階フロア)の写真です。

ACホテル東京銀座 エレベータホール
<エレベータホール>
ACホテル東京銀座 廊下
<廊下>

プライムスーペリアツインの概観

ではいよいよ入室です。

お部屋の感じはフェアフィールド系のホテルと似ていますが、細部のこだわりがACホテル東京銀座の方が強いという印象。

ACホテル東京銀座 プレミアムツインルーム
<お部屋の概観1>
ACホテル東京銀座 プレミアムツインルーム
<お部屋の概観2>

 

デスクは十分な広さのあるものです。

リモートワークをするにも十分なサイズになっています。

実際に仕事をしましたが、電源も近くにありますし快適な環境でした。

ただ、ACホテル東京銀座のwifi経由では僕の会社のVPN接続が出来ませんでした…

やむを得ず自分のスマホでテザリングすることになりました。

マリオット・ボンヴォイ系列ホテルでは初めての経験です。

VPN接続を伴うPC利用を考えている方は、代替手段(テザリングなど)の準備をしておくことをおすすめします。

ACホテル東京銀座 デスク
<デスク周り>
ACホテル東京銀座 デスク
<デスク>

 

デスクにはUSBポートおよびマルチコンセントが設置されていました。

外国製品でも利用できるコンセントがあるのは、外国の方の利用が多いACホテル東京銀座ならでは!と思いました。

 

また、デスクの上にあるのは、コートヤード・マリオット銀座東武ホテルのテイクアウトメニューです。

ACホテル東京銀座ではインルームダイニングのサービスが無いのですが、お隣のコートヤード・マリオット銀座東武ホテルのテイクアウトを注文することが可能です。

電話で注文し、コートヤード・マリオット銀座東武ホテルまで取りに行くスタイルで、お部屋付け可能です。

ただし提供時間が11時〜19時のため、夜遅くに利用することはできません。

【テイクアウトメニュー】
※2023年1月時点
1. ラップサンド ¥1,430
2. B.L.T.サンドウィッチ(サラダ付き) ¥1,540
3. マリオットバーガー(ポテト付き) ¥2,640
4. シーフードカレー(サラダ付き) ¥1,540
5. ステーキカレー(サラダ付き) ¥1,540
6. ダブルステーキカレー(サラダ付き) ¥2,310
7. ロティサリーチキンランチボックス(サラダ付き) ¥1,320
8. ロティサリーチキン(ポテト付き) ¥1,870
9. 海鮮重 ¥2,200
10. ちらし寿司 ¥1,430
11. 天重(海老/野菜/獅子唐) ¥1,430

 

部屋の奥の窓際にはソファが設置されています。

ただしこのソファは非常に浅くて硬いソファです。

ここで寛ぐというよりは、ちょこっと座るという感じです。

個人的にはせめてもうちょっと深さのあるソファを用意して欲しかったです。。。

ソファ側からお部屋を見た写真も載せておきます。

ACホテル東京銀座 ソファ
<ソファ>
ACホテル東京銀座 プレミアムツインルーム
<窓側から見たお部屋>

 

 

お部屋の設備

まずはミニバーから。

飲み物はコーヒーマシンと電気ケトルがあります。

ACホテル東京銀座 バー
<ミニバー>
ACホテル東京銀座 設備
<ケトル>

 

コーヒーカプセルはネスプレッソのものでした。

紅茶はAZ TeasのSerendiva。スリランカ産の紅茶です。

煎茶も置いてありました。

ACホテル東京銀座 コーヒー
<コーヒー>
ACホテル東京銀座 ティー
<紅茶・煎茶>

 

冷蔵庫には無料のミネラルウォーターが2本ありました。

常温のものも2本あったので、合計4本ミネラルウォーターは置かれていました。

また、グラスも冷やしてあるのが嬉しいですね!

買ってきたビールをこれで飲みました(笑)

ACホテル東京銀座 冷蔵庫
<冷蔵庫外観>
ACホテル東京銀座 冷蔵庫
<冷蔵庫内>

 

 

洗面

洗面はシンプルにまとまっています。

拡大鏡もありますし、使い勝手はよいです。

石鹸とボディミルクはKORRES(コレス)

ギリシャのブランドです。

ACホテル東京銀座 洗面
<洗面>
ACホテル東京銀座 アメニティ
<アメニティはコレス製>

 

洗面はオープンになっていますが、可動パーティションがあるので区切ることも出来ます。

このパーティションは洗面までしか区切ることが出来ず、ベッドルームとエントランスを区切ることは出来ません

ACホテル東京銀座 パーティション
<パーティションを開けた状態>
ACホテル東京銀座 パーティション
<パーティションを閉じた状態>

 

アメニティも一通り揃っています。

ヘアバンドはもこもこの生地で、娘に好評でした。

カミソリもフェザーのサムライエッジで、替刃ができるタイプです。

僕は肌が弱くてホテルのカミソリを使うと出血してしまうのですが、このカミソリは大丈夫でした!

ドライヤーはスイスのソリスのものでした。

ACホテル東京銀座はアメニティに非常に強いこだわりを感じます。

ACホテル東京銀座 アメニティ
<アメニティ>
ACホテル東京銀座 ドライヤー
<ドライヤー>

 

バスルーム

スーペリア以上のツインルームには浴槽がつきます。(他のお部屋はシャワーのみ)

ホテル宿泊の時は湯船に浸かって本を読むのが好きなので、僕はシングルステイの時でもツインルームを予約するようにしています。

写真に写っていませんが、シャワーはオーバーヘッドシャワーも付いています。

シャワーのオンオフスイッチはシャワーと反対側の壁(写真だと右側の壁)にあるため、ハンドシャワーとオーバーヘッドシャワーのスイッチを押し間違えて頭から冷たいシャワーを浴びてしまうことがないんです!

これは地味に便利でした。

シャンプーなどはコレスのものが置いてありました。

ACホテル東京銀座 バス
<バスルームは浴槽付き>
ACホテル東京銀座 バス
<シャンプーなどはコレス>

 

トイレ

トイレは広めの作りでよかったです。
タンクレスのウォシュレットですっきりした印象です。
ACホテル東京銀座 トイレ<タンクレストイレ>

 

クローゼット

クローゼットは扉付きのもので十分な大きさとなっています。

他にも革靴のケアキット、スチームアイロンなども置いてありビジネスの身だしなみも整えることが可能です。

ACホテル東京銀座 クローゼット
<クローゼット バスローブが非常におすすめ>
ACホテル東京銀座 クローゼット
<革靴のケアキットも完備>

 

ACホテル東京銀座 金庫
<クローゼット内に金庫もあります>
ACホテル東京銀座 アイロン
<スチームアイロン>

 

パジャマとスリッパ、バスローブもあります。

パジャマは上下セパレートのリラックスタイプ。

 

ヘアバンドと同様にスリッパとバスローブももこもこ生地で非常に気持ちいいです!

特にこのバスローブはフードも付いており、他ブログなどでも非常に好評のものです。

僕も使ってみて非常に気に入りました!

このバスローブは20,000円で購入することも可能なのですが、自宅で使っても雰囲気が出なそうなので購入は見送りました(笑)

ACホテル東京銀座 スリッパ
<パジャマとふわふわスリッパ>
ACホテル東京銀座 バスローブ
<ふわふわバスローブ>

 

子供用のアメニティ

事前に子供が宿泊することを伝えておいたので、子供用のアメニティも準備してありました。

子供用のパジャマは最近導入されたようです。

子供用アメニティにハンドタオルがあるのは嬉しいですね。

可愛いクマのハンドタオルで子供がとても喜んでいました。

ACホテル東京銀座 子供用パジャマ
<子供用パジャマもセパレートタイプ>
ACホテル東京銀座 子供用アメニティ
<子供用アメニティ>

館内設備

続いて館内設備をご紹介します。

 

ルーフテラス

ACホテル東京銀座で特におすすめしたいのがこちら!

「ルーフテラス」です。

宿泊当日が雨上がりの午後だったのでよい写真が撮れず残念でしたが、開放感は伝わると思います。

おそらくカフェやバーとしての利用も想定されて作られた場所だと思うのですが、コロナ禍のためか現在は飲食物の提供はありません。

代わりに土日の朝にヨガ教室が開催されています。

朝食でテイクアウトしたコーヒーなどを持って、こちらで寛ぐのがおすすめです。

ACホテル東京銀座 スカイラウンジ
<開放感あるルーフテラス>
ACホテル東京銀座 スカイラウンジ
<ゆったりとしたソファ席>

 

遠方ですが、東京タワーも見えます。

写真で感じるよりも実際はもっと近くに見えます(笑)

ACホテル東京銀座 スカイラウンジ
<ルーフテラスからの景色>
ACホテル東京銀座 スカイラウンジ ヨガ
<週末限定のルーフテラスヨガ>

 

 

ACライブラリー

1Fにはライブラリーエリアがあります。

ACライブラリはACラウンジとも呼ばれています。

ACホテル東京銀座にはクラブラウンジはなく、こちらもドリンクサービスなどはありません。

ただプリンターなどが置いてあるので、リモートワークなどでの利用も良さそうです。

ACホテル東京銀座 ラウンジ
<ライブラリー>
ACホテル東京銀座 ラウンジ
<ライブラリの本棚>

 

フィットネス

ACホテル東京銀座にはフィットネスが完備されています。

宿泊者は無料で24時間利用可能です。

 

 

朝食

ACホテル東京銀座の朝食をご紹介します。

ACホテル東京銀座の朝食は「ACキッチン」で提供されます。

ACキッチンはランチやディナーでも非常に評判がよいレストランです。

ACホテル東京銀座に宿泊した場合は、ぜひ朝食は召し上がってください!

 

朝食の基本情報

朝食はホテル1Fの「ACキッチン」で提供されます。

朝食の基本情報は以下の通りです。

  • 営業時間:7:00〜10:30(最終入店10:00)
  • 価格:4,427円(税サ込)
  • プラチナエリート特典:1滞在で1回のみ無料

 

ACキッチンの雰囲気

ACキッチンはランチ・ディナーも提供するレストランで、非常にスタイリッシュなデザインとなっています。

写真に収めることが出来ませんでしたが、一人用の席などもあります。

ACホテル東京銀座 朝食
ACホテル東京銀座 朝食

 

朝食メニュー

朝食はビュッフェスタイルで提供されます。

一部オーダー制のメニューもありましたので、そちらは後半でご紹介しますね。

銀座という立地もあり外国の方が多いためか、和食メニューがとても充実していました。

ご飯に合うおかずがたくさんあるのが個人的にはポイント高かったです。

 

■コールドミール

上段手前から
オレンジジュース、トマトジュース、卵焼き、かまぼこ

中段手前から
生ハム、サラミ、合鴨のハム、豆腐、明太子、マグロの山かけ、温泉卵

下段手前から
梅干、柴漬け、白菜の浅漬け、昆布、キンピラ、納豆

 

■ホットミール

手前から
サバ塩、塩鮭、ポテト、ブロッコリー、唐揚げ、ベーコン、ソーセージ

 

ACホテル東京銀座 朝食
ACホテル東京銀座 朝食

 

ご飯とお味噌汁。

お味噌汁は好きな具材を入れるタイプ。

フルーツにデザートも種類豊富です。

ACホテル東京銀座 朝食
ACホテル東京銀座 朝食

 

もちろんパンも種類豊富でした。

ジャムやメープルシロップなども種類があるので、好みで色々な味が楽しめちゃいます。

ACホテル東京銀座 朝食
ACホテル東京銀座 朝食

 

オーダー制のメニューは以下があります。

こちらは席で注文する必要があります。

【オーダー制メニュー】
・カズエラ料理 フラメンカエッグ
・オムレツ(マッシュルーム/ハム/チーズ)
・ラーメン
・フォー

 

やはり気になるのは、あまり聞いたことのない「フラメンカエッグ」ですよね。

こちらはカポナータにフライドエッグをのせたスペイン南部の郷土料理となっています。

カポナータってなに?ってなりますよね(笑)

僕もなりました。

カポナータは、ラタトゥユのようにズッキーニやパプリカなどの夏野菜をトマトソースで煮込んだ料理なのですが、ラタトゥユと違い白ワインビネガーと砂糖を使ってしっかりと味付けしてあるのが特徴です。

フラメンカエッグがこちら。

ACホテル東京銀座 朝食

 

フライドエッグの下はたっぷりの野菜で、朝食にぴったりのメニューでした。

他ホテルではなかなか見かけないメニューなので、ACホテル東京銀座の朝食ではぜひ、ご注文ください。

気になった点

全体的に満足な内容でしたが、よりよいホテルになって欲しいという思いを込めて気になった点をあえてあげると、以下の2点です。

価格の高騰

アフターコロナとなり外国人観光客も増えてきたため、宿泊価格が高騰しています。

ACホテル東京銀座は非常にスタイリッシュで快適なホテルですが、マリオット・ボンヴォイのホテルカテゴリーでいうと中間程度の位置付けです。

ですが2023年3月現在、最もスタンダードなお部屋でも平日で5万円以上、週末だと8万円以上という価格になっています。

コロナ禍と比較すると2倍以上の価格になっています…

今回ご紹介したプライムツインスーペリアのお部屋だとさらに1万〜2万円高くなります。

この価格は見合わないな、というのが正直な感想です。

 

外国から観光で来ている方など、銀座という立地にそれだけの価値を見出せる場合は良いと思いますが、そうでない場合は同じ金額を出せばもっとランクの高いホテルに宿泊出来ます。

純粋にホテルステイを楽しみたい場合などは、他のホテルがよいです。

 

ただし、ポイント宿泊の場合は4万ポイント程度で宿泊可能です。

こちらは妥当なポイント数だと思いますので、宿泊してみたい方はポイント宿泊がおすすめです。

 

眺望はよくない

周囲を同程度の高さのビルに囲まれていますので、お部屋からの眺望はよくないです。

眺望に期待するなら別ホテルを探しましょう。

 

ソファが寛げない

レビュー記事でも書きましたが、お部屋のソファが浅くて硬いもので、寛げるソファではありませんでした。

ちょっと使いには問題ないのですが、やはりお部屋のソファでは寛ぎたいです。

 

立地最高!独特の感性が嬉しいホテル

本記事では、ACホテル東京銀座の宿泊記をまとめました。

 

【ACホテル東京銀座のポイント】
・銀座という買い物、食事、観光に最高の立地
・宿泊者の8割が外国人。外国気分を味わえる
・子供用も含めアメニティが充実。ふかふかバスローブは最高
・開放的なルーフテラス
・朝食は和食とフラメンカエッグがおすすめ
・有償宿泊でなくポイント宿泊がおすすめ

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

<スマイラーズナビのマリオットホテル宿泊レビュー記事一覧>

よろしければ、併せてご覧ください。

ホテル名レビュー記事内容
アロフト大阪堂島ロフトキングのレビュー
アロフト東京銀座サヴィールーム(ツイン)のレビュー
伊豆マリオットホテル修善寺温泉露天風呂付デラックスツインのレビュー
スーペリアルーム温泉付きツインのレビュー
イラフSUIラグジュアリーコレクションホテルオーシャンフロントコーナージュニアスイートのレビュー
大阪マリオット都ホテルクラブデラックスルームのレビュー
ザ・リッツ・カールトン大阪デラックスルームのレビュー
ザ・リッツ・カールトン沖縄オーシャンビューダブルのレビュー
クラブラウンジのレビュー
プールとキッズガーデンのレビュー
レストラン朝食のレビュー
シェラトン沖縄サンマリーナリゾートデラックスルームツインのレビュー
シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル和室スイートのレビュー
ガーデンプールとラウンジのレビュー
ファミリープレミアムのレビュー
クラブスイートのレビュー
南紀白浜マリオットホテル温泉ビューバスツインのレビュー
ラウンジと朝食のレビュー
フェアフィールド・バイ・マリオット大阪難波スーペリアルーム(1キング)のレビュー
富士マリオットホテル山中湖スーペリアツインのレビュー
レストラン(朝食・夕食)のレビュー
メズム東京Chapter1ガーデンビューのレビュー
モクシー大阪新梅田スタンダードルーム(1クイーン)のレビュー
ACホテル東京銀座プライムスーペリアツインのレビュー
JWマリオット・ホテル奈良スタンダードダブルのレビュー
エグゼクティブラウンジのレビュー

 

みなさんからのアクセスが、記事投稿の活力です。
よろしければ上記のリンクから本記事のシェアを頂けると嬉しいです。

本サイトでおすすめのクレジットカード「マリオットボンヴォイアメックス」の紹介入会はこちらから。
通常39,000ポイントの入会特典ボーナスが、45,000ポイントに増額されます!!
もくれれリンク集はこちら

マリオットボンヴォイアメックスプレミアム
最新情報をチェックしよう!