【初心者向け】初めてのマリオット宿泊:知っておきたいルールやマナーを解説

・マリオットホテルに初めて宿泊するけどルールがわからない

・マリオットボンヴォイアメックスを作ったけど、ホテル宿泊に関する情報が少ない

・初めてのマリオットホテルでドキドキしてしまう

そんな疑問にお答えします。

 

憧れのホテルにお得に宿泊できる!

そう聞いてマリオットボンヴォイアメックスに入会したものの、マリオットホテルなんて宿泊したことないし、よくわからなくて不安になりますよね。

しかもマリオットボンヴォイアメックス入会の情報や、ホテルの宿泊記、上級者向けのお得情報はいっぱいあるんですが、初心者向けのホテルの基本ルールの解説って意外とないんです。

僕も初めてマリオットホテルに宿泊したときは、わからないことだらけでドキドキしてしまいました(笑)

 

そのことをちょっとツイートしてみたら、予想以上の反響があり、びっくりしました。

https://twitter.com/omusubicororin_/status/1440300268520833027?s=20

 

そこで本記事では、初めてマリオットホテルに宿泊する人や、まだ宿泊に慣れていない初心者向けに、マリオット宿泊の基本ルールやマナーを解説していきます。

上記のツイートの内容も含みますし、本記事だけの情報もあります。

 

僕はマリオットボンヴォイアメックスに入会してから6年目で現在はチタンエリート会員です。

簡単に自己紹介させてください。

もくれれもくれれ
・マイルで家族4人を笑顔にするパパマイラー
・マイルやポイントでお得に旅行しています
・2023年航空チケット・ホテル宿泊費無料のハワイ旅行達成
・この経験を皆さんにも味わってもらうためにブログ配信中

まだまだ初心者+α程度の経験値ではありますが、初心者に近い目線で紹介していきますね。

 

この記事を読むことで、少し余裕を持って初めてのマリオットホテル宿泊が出来るようになります。

本記事は2023年9月の情報を記載しています。

それではご紹介していきます。

 

【こんなことがわかります】
・マリオットホテルの予約方法
・マリオットホテルのアクセス方法
・マリオットホテルのチェックイン時のルール
・マリオットホテルの宿泊時のルール
・マリオットホテルのレストラン利用時のルール
・マリオットホテルのチェックアウト時のルール
マリオットボンヴォイ GoToトラベルキャンペーン

本記事の前提事項

本記事ではマリオットホテルの基本ルールやマナーについて解説します。

初心者を想定しているので会員資格はゴールドエリート以下であることを前提に解説していきます。

本記事でご紹介するルールはホテル共通の基本ルールですが、ホテルによっては独自ルールを採用していることがあります。

その際は記事内容と異なるサービスとなる場合があるのでご了承ください。

 

また、プラチナエリート以上の特典や、中級者レベルのテクニックについては【中級者の道】という形でご紹介しておきます。

こちらは宿泊に慣れてきたら、是非トライしてみてください。

マリオットホテルの宿泊予約

マリオットの宿泊予約は公式サイトが基本

マリオットホテルの予約の基本は、マリオット公式サイトからの予約です。

なぜなら、マリオットのエリートステータス特典は公式サイトからの予約が対象となるのが基本ルールだからです。

PCであれば上記の公式サイトからの予約となり、スマホなどからの場合はマリオットアプリからの予約が便利です。

 

また楽天トラベルとマリオットが提携したことにより、楽天トラベル経由の宿泊予約はマリオットボンヴォイのエリートステータス特典が適用されることになりました。

これには楽天トラベルとマリオットのアカウントを事前に連携する必要があります。

楽天トラベルとマリオットの連携については、こちらの記事で詳細を解説しています。

よろしければ、合わせてご覧ください。

関連記事

マリオットボンヴォイの予約といえば公式サイトからが基本でした。なぜなら公式サイトから予約しないと以下の特典が享受できなかったからです。【公式サイトから予約するメリット】・マリオット・ボンヴォイ会員ステータスの特典・宿泊実[…]

楽天トラベルとマリオットの提携

 

【中級者への道(1)】
一休や楽天トラベルなどOTAからの予約でも、エリートステータス特典を適用してくれるホテルもあります。
宿泊したいホテルに連絡して確認をしてみてください。
僕の過去の経験だと、伊豆マリオットホテル修善寺、横浜ベイシェラトンはOTA経由でもエリートステータス特典が適用されました。
ただし、宿泊実績と利用金額は加算されませんでした。
【中級者への道(2)】
マリオット公式サイトは、ベストレート保証制度を導入しています。
一休や楽天トラベルなどOTAのプランでマリオット公式サイトのプランより安いものを見つけた場合は、安いプランの価格からさらに25%オフの価格で宿泊ができます。
ベストレート保証制度(BRG)についてはこちらの記事をご覧ください。

 

宿泊人数に添い寝の子供はカウントしない

マリオット公式サイトから予約をする際ですが、添い寝のお子さんの数は含めずに宿泊予約してください。

人数に含めて検索を行うと、大人と同じようにカウントされて、本来宿泊可能なお部屋が表示されないことがあります。

 

お子さんについては宿泊予約後にホテルに連絡すればよいです。

お子さんの年齢と人数を伝えれば、エクストラベッドや添い寝などの金額を教えて貰えます。

添い寝可能な年齢や、エクストラベッドが有償か無償かなどはホテルによって条件が異なります

詳細はホテルに確認を取るようにお願いします。

 

宿泊日数変更は予約取り直しになる

マリオットの宿泊予約は、変更を行うときは変更時点の宿泊金額が適用されるので注意が必要です。

特に注意が必要なのが宿泊数を減らしたいときです。

当初予約していた金額が適用されるのではなく、変更をした時の宿泊金額が適用されます。

 

例えば1泊3万円で3泊の宿泊予約を2泊に変更したい時、その変更時点での宿泊代金が1泊4万円に変更になっていると、4万円×2泊の宿泊予約となってしまいます。

ご注意ください。

 

【中級者への道(3)】
宿泊日数の変更があり得る予約を行うときは、手間にはなりますが予約を分けておくと便利です。
例えば上記の例であれば、予約時点で2泊と1泊に分けて予約を入れておけば、宿泊数を減らしたいときは1泊の予約だけキャンセルすれば宿泊料金を変えずに宿泊日数を減らすことが出来ます。

 

マリオットアプリのチャット機能を活用

マリオット公式サイトから宿泊予約を行うと、宿泊の2日前からマリオットアプリのチャット機能を使うことが出来ます

この機能を使うとホテルと手軽にコミュニケーションを取ることが出来るので非常に便利です。

ホテルやシーズンにもよりますが、比較的に応答は早くて10分以内にはお返事が頂けるイメージです。

 

例えばアーリーチェックインが出来るかの相談、レストラン予約などが可能です。

僕は特に要件がなくても、事前のご挨拶と当日のチェックイン時間とアクセス方法をお伝えするようにしています。

初めての宿泊で不安に思っていることがあれば、チャットで確認すると手軽でよいと思います。

 

マリオットホテルへのアクセス

公共交通機関利用の場合

公共交通機関を利用する場合は、ホテルのWebページを事前にご確認ください。

ホテルによりますが、空港や最寄り駅からの無料送迎バスや、お得なタクシープランなどが用意されていることがあります。

数日前までに予約しないと利用できないものもあったりするので、早めの確認をお勧めします。

 

車の場合

車を利用する場合は、直接現地へ行ってホテルの車寄せにまずは車を入れましょう

大体、スタッフの方がいますので、そこで荷物を降ろして、あとはスタッフの方の案内に従って駐車すれば大丈夫です。

バレーパーキングの場合は、そのまま鍵ごと車をスタッフの方に預ける形になります。

 

通常のパーキングか、バレーパーキングかを選択できるホテルや、提携駐車場が少し離れたところにあるホテルなどもあります。

こちらも宿泊前にホテルのホームページを確認しておくのがおすすめです。

 

マリオットホテルのチェックイン

マリオット・ボンヴォイカウンターは会員ステータスに関わらず利用可能

チェックインはチェックインカウンターで行います。

大体のマリオットホテルにはマリオット・ボンヴォイのプレートが置いてあるカウンターがあり、そのカウンターがマリオット・ボンヴォイ会員の優先カウンターです。

あくまで優先カウンターなので、空いていればどのカウンターを使っても良いです。

 

チェックインカウンターってスタッフの方がいるので写真が撮りにくく、こんな写真しかなかったのですが、マリオット・ボンヴォイカウンターはこんな感じです。

こちらはフェアフィールド・バイ・マリオット大阪難波の写真です。

一見、通常のチェックインカウンターなのですが、赤丸の箇所に「Marriott Bonvoy」と書かれたプレートが置かれています。

混雑時はこのカウンターがマリオット・ボンヴォイ会員の優先カウンターとなります。

知らなければ気づかないレベルですね(笑)

マリオット・ボンヴォイカウンター

 

ホテルによってはしっかりしたカウンターがある場合もあります。

シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテルの場合は、こんな素敵なカウンターがあります。

このカウンターはゆっくり座って手続きが出来るので、非常に便利です。

*ただし本カウンターはゴールドエリート以上でないと利用できません。

マリオット・ボンヴォイ カウンター

 

【中級者への道(4)】
マリオット・ボンヴォイカウンターにすら並ばずにホテルスタッフに誘導されていく人たちを見かけることがあると思います。
これはクラブラウンジでチェックインを行う人です。
クラブラウンジでチェックインを行うためには、クラブラウンジアクセス付きのお部屋を予約するか、プラチナエリート以上になる必要があります。

 

お部屋のアップグレードはご好意

ゴールドエリート以上の場合は、お部屋の無料アップグレード特典があります。

チェックインの際にアップグレードされたかどうか、わかります。

 

たまにチェックインカウンターでアップグレードを巡って交渉している方がいるのですが、アップグレードはホテル側のご好意です。

アップグレードがなかった場合は素直に諦めましょう

 

なお、アップグレードについては事前にアプリで確認できることも多いです。

宿泊の前日や宿泊当日にアプリから予約内容を確認すると、お部屋タイプが変更になっている場合があります。

ぜひ、宿泊前にアプリを見てみてください。

 

【中級者への道(5)】
お部屋のアップグレードはホテル宿泊の楽しみの1つだと思いますが、エリート会員の増加に伴い、ゴールドエリートでのアップグレードはこの1年で難しくなったと感じています。
アップグレードの基本は、空いている時期に宿泊することなので、ゴールドエリートでアップグレードを狙うのであれば平日宿泊などがお勧めです。
また、お部屋のランクは上がらなくても眺望の良い高層階や、角部屋などをアサイン頂ける可能性があるので希望を伝えておくとよいです。

 

宿泊予約内容確認をしっかり行う

チェックイン時には、宿泊予約内容や館内設備についてについて説明があります。

後々にトラブルにならないように、内容はしっかりと確認しておきましょう。

例えば朝食付きなのか、朝食利用出来るレストランはどこなのか、プールやジムなどの利用方法などです。

特に利用するつもりの施設に関しては、無償/有償の範囲はしっかりと確認しておきましょう。

たまにレストランなどでスタッフの方と揉めている宿泊者を見かけることがあります。

 

マリオットホテルの利用

支払いはなるべくお部屋付で

レストランや各施設での支払いについては、なるべくお部屋付とするのをお勧めします。

お部屋付にすることで宿泊料金と同率でマリオットポイントが付与されたり、利用金額実績に含まれるためです。

基本的にお部屋付で支払いするようにしましょう。

ただしお部屋付にしてもマリオットポイント対象外となる支払いもあるので、詳細はホテルに確認をお願いします。

 

部屋着やスリッパはお部屋内で

これはマリオットホテルに限った話ではないですが、ホテルに用意されている部屋着やスリッパは基本的にお部屋での利用のみです。

特に大浴場やスパなどがある場合は、浴衣などで行きたい気持ちはわかるのですが、マナー違反ですので気をつけましょう。

 

ホテルによっては浴衣での移動がOKな場合もありますが、その場合は利用可能なエレベーターが限定されていたりしますので、気をつけてください。

他のお客さんが不快な思いをしないようにしましょう。

 

アメニティはリクエスト可能

お部屋に準備されているアメニティですが、常備されているもの以外にホテルに用意されているものも多々あります

特に女性にはスキンケアセット