マリオットボンヴォイアメックスの損益分岐点はいくら?損しない利用法を解説

旅行好きに最高のクレジットカード「マリオットボンヴォイアメックス」。

無料宿泊や、マイル交換など気になる特典が多いと思いますが、ネックになるのが年会費の高さ

年会費49,500円です。

気になりつつも、この年会費に躊躇してしまう方も多いと思います。

この年会費以上のリターンを得るためには、いくら使えばいいのか?

非常に気になりますよね。

 

最初に答えを言ってしまいますね。

マリオットボンヴォイアメックスの損益分岐点は165万円です!

これに加えてカード入会ボーナスポイント無料宿泊特典を獲得できます。

その詳細を本記事で解説していきます。

 

僕はマリオットボンヴォイアメックス利用歴6年、このカードを使い倒して毎年家族旅行を楽しんでいます。


もくれれもくれれ
・マイルで家族4人を笑顔にするパパマイラー
・マイルやポイントでお得に旅行しています
・2023年航空チケット・ホテル宿泊費無料のハワイ旅行達成
・この経験を皆さんにも味わってもらうためにブログ配信中

 

なお、マリオットボンヴォイアメックスにはノーマルとプレミアムの2種がありますが、ノーマルはメリットが少なくお勧めできないため、本記事ではマリオットボンヴォイアメックスプレミアムについて解説をしていきます。

2種のカードのスペック比較は下表の通りです。

(表は左にスクロールします)

マリオットアメックス
ノーマル
マリオットアメックス
プレミアム
券面マリオットボンヴォイアメックスマリオットボンヴォイアメックスプレミアム
年会費(税込)
(本会員)
23,100円49,500円
年会費(税込)
(家族会員)
1枚無料
2枚以降、11,550円
1枚無料
2枚以降、24,750円
ポイント還元率一般:2%
マリオット:4%
一般:3%
マリオット:6%
マイル還元率一般:約0.83%
マリオット:約1.67%
一般:1.25%
マリオット:2.5%
マリオットステータス特典シルバー(無条件)
ゴールド(100万円利用)
ゴールド(無条件)
プラチナ(400万円利用)
無料宿泊特典3.5万Pまで無料宿泊
(150万円利用が条件)
5万Pまで無料宿泊
(150万円利用が条件)
宿泊実績特典5泊15泊
プロパティクレジット$100$100
空港ラウンジ国内28空港+ホノルル国内28空港+ホノルル
手荷物配送無料帰国時
スーツケース1個まで
(成田、中部国際、関西国際空港が対象)
帰国時
スーツケース1個まで
(羽田、成田、中部国際、関西国際空港が対象)
空港クローク
(中部国際が対象)

(中部国際が対象)
旅行傷害保険(海外)
(利用付帯)
死亡時
最大3,000万円
(家族は1,000万円)
死亡時
最大1億円
(家族は1,000万円)
旅行傷害保険(国内)
(利用付帯)
死亡時
最大2,000万円
(家族は1,000万円)
死亡時
最大5,000万円
(家族は1,000万円)
オンライン・プロテクション
キャンセル・プロテクション×年10万円
リターン・プロテクション×1商品3万円
スマホ・プロテクション×最大3万円

 

 

マリオットボンヴォイアメックスの損益分岐点は165万円

 

マリオットボンヴォイアメックスプレミアム

 

マリオットボンヴォイアメックスの利用メリットは、マリオットポイントを獲得できることです。

そして、その損益分岐点は165万円のカード利用となります。

解説します。

 

マリオットボンヴォイアメックスのポイント還元率は3%

マリオットボンヴォイアメックスのポイント還元率は3%です。

100円の利用で3Pを獲得できます。

マリオットボンヴォイアメックスは、このポイントを使ってホテル宿泊やマイル交換ができます。

 

マリオットポイントは宿泊に使えば1P=1円以上の価値

大阪マリオット都ホテル クラブデラックスルーム<大阪マリオット都ホテル>

 

マリオットポイントはマリオットボンヴォイホテルの宿泊に利用することが出来ます。

宿泊に必要なポイント数は、お金の支払いと同様にホテルやシーズン、混雑状況で変動します。

1P=0.5円くらいのときもあれば、1P=2円以上の価値になることもあります。

そのため厳密に1Pの価値がいくらか?を決めるのは難しいです。

 

ただ大体平均的にみると1P=1円くらいの価値になっています。

そこで本記事では1P=1円で計算をします。

 

下表は家族連れに優しくて僕が好きなマリオットブランドのホテルの一覧です。

ボトムのお部屋の宿泊に必要なポイント数と宿泊料金をまとめています。(2023年7月調べ)

これを見ても大体1P=1円であることがわかると思います。

 

ホテル名ポイント数宿泊料金
東京マリオットホテル40,000
〜60,000P
50,000
〜80,000円
伊豆マリオットホテル修善寺31,000
〜40,000P
20,000
〜40,000円
富士マリオットホテル山中湖30,000
〜40,000P
20,000
〜60,000円
軽井沢マリオットホテル40,000
〜60,000P
30,000
〜80,000円
大阪マリオット都ホテル40,000
〜60,000P
40,000
〜60,000円
南紀白浜マリオットホテル30,000
〜40,000P
30,000
〜70,000円
琵琶湖マリオットホテル30,000
〜40,000P
15,000
〜35,000円

 

伊豆マリオットホテル修善寺、富士マリオットホテル山中湖、南紀白浜マリオットホテルのレビュー記事がありますので、よろしければご覧ください。

 

伊豆マリオットホテル修善寺のレビュー記事(ゴールドステータス)

関連記事

マイラーに人気のマリオット・ボンヴォイホテル「伊豆マリオットホテル修善寺」の子連れ宿泊レビューです。39枚のオリジナル写真+αを使って、その魅力を全て公開します!初めて伺いましたが、大好きな宿の1つになりました。温泉旅行に行[…]

 

富士マリオットホテル山中湖のレビュー記事(プラチナステータス)

関連記事

今年の夏休みは国内マリオット・ボンヴォイホテル宿泊3連発!第2弾は富士マリオットホテル山中湖に家族4人で宿泊してきました。家族4人でポイント宿泊方法や、プラチナエリート特典などを解説していきます。&nbs[…]

 

南紀白浜マリオットホテルのレビュー記事(チタンステータス)

関連記事

・南紀白浜マリオットホテルのブログレビューを読みたい・南紀白浜マリオットホテルのゴールド/プラチナエリート特典は?・南紀白浜マリオットホテルの添い寝ルールは?そんな疑問にお答えします。 […]

南紀白浜マリオット 宿泊レビュー

 

国内マリオットボンヴォイホテルの宿泊ポイント数と宿泊料をまとめた表を本記事の最後に掲載しておきます。

ご覧になりたい方は、こちらからどうぞ。

 

 

損益分岐点の計算

マリオットボンヴォイアメックスの年会費は、49,500円(税込)です。

そのため損をしないためには、49,500円以上の価値のポイントを獲得する必要があります。

 

マリオットボンヴォイアメックスのポイント還元率は3%なので、以下の式で損益分岐点を計算できます。

 

49,500P(年会費相当のポイント) ÷ 0.03(ポイント還元率)= 1,650,000円(損益分岐点)

 

マリオットアメックス 損益分岐点

 

マリオットボンヴォイアメックスの損益分岐点は、165万円です。

つまり年間165万円のカード決済をマリオットボンヴォイアメックスで行えば、損することはありません。

小さい金額ではありませんが、月額で考えると137,500円です。

これぐらいの決済であれば生活費などで捻出できるのではないでしょうか。

 

総務省の算出した平均支出を元にカード利用可能な金額をシミュレーションした記事がこちらです。

年間1,969,536円のカード決済は可能な結果となっています。

関連記事

・マリオットボンヴォイアメックスのポイント制度について知りたい・マリオットボンヴォイアメックスのポイントが一般家庭でどれくらい貯まるか知りたい・マリオットボンヴォイアメックスの入会に迷っているとい[…]

マリオットアメックス ポイント

 

実際はあなたの家計をベースにする必要があります。

上記の記事など見て頂いて、ぜひ、シミュレーションしてみてください。

 

さらに獲得できる特典内容

先ほどの損益分岐点は、カード決済で獲得できるポイント数だけで計算しています。

マリオットボン