SPGアメックス マイチャレ

【マイチャレ(11)】SPGアメックスの最新入会キャンペーン!:宿泊でもマイルを貯めよう

マイチャレ第11回記事です。
今回はホテル宿泊で効率よくマイルを貯める方法と、SPGアメックスの入会キャンペーンについてご紹介します。

これまでマイチャレでは、マイルの貯める方法についてご説明をしてきました。
でもマイルで飛行機を無料にしても、ホテル宿泊費はかかってしまいますね。

そこで今回はホテルの宿泊費でがっつりマイルを貯めることのできるカードをご紹介します。
そのカードは、SPGアメックスです。
このカードを使えば、宿泊費でマイルを貯めたり、ホテル宿泊費を無料にすることも可能です。

本サイトでも人気のクレジットカード、SPGアメックス。
なぜそんなに人気なのか、初心者目線で解説します。

【こんなことがわかります】
・ホテル宿泊費をANAカードで支払うとマイルが貯まらない
・宿泊費125,000円のケースだと、SPGアメックスの方が8,000マイル多く貯まる
・SPGアメックスは無料のお部屋アップグレードなど他特典も満載
・年会費は31,000円と高額だが、ホテルの無料宿泊で回収可能
・アメックス公式アンバサダーの僕からの紹介入会がお得!
\気になる箇所だけ読むなら目次からジャンプ/

マイチャレの振り返り

「マイチャレ」とは、マイル初心者の方のマイルデビューを僕が全力サポートする企画です。

以下のような内容を予定しており、過去のマイチャレ第1回〜第10回ではマイルの基本的な説明からポイントサイトの紹介、クレジットカードの紹介などを行ってきました。

前回はTOKYUカードが届いたら実施すべきことをまとめました。

関連記事

マイチャレ記事の第10回です。以前のマイチャレで申し込みした東急カードこと、ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードが届きましたので、その初期設定方法をご紹介します。陸マイラーにとってTOKYUカー[…]

・マイルの価値&貯め方とは?
・ポイントサイトのご紹介と利用方法
・クレジットカードのご紹介と利用方法
・旅行時に次の旅行のマイルを貯める方法←今日はここ
・紹介方法

今回はホテル宿泊でマイルを貯める最強クレジットカード:SPGアメックスをご紹介します。

 

マイルでホテル手配

マイチャレではここまでマイルを貯めて、航空券手配をすることについてご紹介してきました。

でも海外旅行の費用って航空券以外に大きな費用があるんです。
そうです、ホテル宿泊費です。

こちらの来年夏休みのハワイのホテル予約を行なった記事でご紹介していますが、例えば来年のハワイ旅行の場合、家族4人で夏休みという条件で、航空券が約36万円、ホテル宿泊費が約24万円(ロイヤルハワイアン:5泊)ぐらいの費用が必要になります。

ホテル宿泊費は、それなりの費用になることがよくわかりますね。

もちろんマイルを使ってホテル宿泊することも可能です。

こちらのサイトからANAマイルで宿泊できるホテルを検索することができます。

マイルでホテル手配

例えば上記のロイヤルハワイアン宿泊に必要なマイルは一泊あたり70,100マイル!5泊で350,500マイルです。
特典航空券なら家族4人でハワイ2往復分のマイルです。

かなり割高となってしまうことがよくわかりますね。。。

マイルでホテル手配してしまうと、ものすごく損してしまいます。

なので、ホテル宿泊については、マイルではなく、支払いを行うことになります。
どうせ支払いするならなるべくお得に支払いをしたい!そんな想いに応えられるのが、今回ご紹介する「SPGアメックス」です。

 

ホテル宿泊に最強のカード:SPGアメックス

SPGアメックス

SPGアメックスの概要

SPGアメックスとは、全世界7,000ホテル以上をもつマリオット・ボンヴォイが発行するクレジットカードのことです。

元々はマリオットグループが買収したSPGグループが発行していたクレジットカードでした。
そのため既に海外では「マリオット・ボンヴォイ・アメックス」と名称を変えたクレジットカードが発行されており、日本でも近いうちに券面変更があることが正式にアナウンスされています。

ホテルグループが発行するクレジットカードなので、ホテル宿泊には圧倒的に強いクレジットカードになっています。そのため日本でも大人気のクレジットカードです。

ただ人気の秘密はこれだけではありません。
ホテルだけではなく、マイルにも強いクレジットカードなんです。

この辺りを解説していきますね。

 

ゴールドエリートになれる

マリオット・ボンヴォイではホテル会員サービスを行なっており、宿泊日数によりランクが変わってきます。

会員ランク必要宿泊日数
ノーマル0〜9泊
シルバーエリート10泊
ゴールドエリート25泊
プラチナエリート50泊
チタンエリート75泊
アンバサダーエリート100泊+対象ご利用金額20,000米ドル

SPGアメックスに加入すると、通常は年間25泊しないと獲得できない「ゴールドエリート」を獲得することができます。

ゴールドエリートの主な特典は以下の通りです。

・客室の無料アップグレード
・滞在ごとに25%のボーナスポイント
・14時までのレイトチェックアウト
・ウェルカムギフト
・無料の客室内高速インターネット
宿泊者として気になるのは、「客室の無料アップグレード」ですね。
実際に私が客室の無料アップグレードを受けることが出来た記事がありますので、詳細はこちらをご確認ください。SPGアメックスのおかげで宿泊費無料で露天温泉付きのお部屋に宿泊できました。
関連記事

マリオット・ボンヴォイホテルに宿泊したらアップグレードされました!という記事はたくさんあります。でも、よく読むとプラチナエリートの方か、制度改悪前の2018年の夏以前のゴールドエリートの方の記事がほとんどです。あれ?今のゴールド[…]

ただ、今回はポイントを貯めることが目的なので、ここで重要になってくるのは「25%のボーナスポイント」です。

 

マリオット・ボンヴォイポイント

マリオット・ボンヴォイはホテル会員向けのポイントサービス「マリオット・ボンヴォイポイント」を展開しています。

マリオット・ボンヴォイポイントを貯めると、マイルに交換したり、無料で宿泊することが出来ます。

SPGアメックスを使うと、以下のように効率よくポイントを貯めることが出来ます。

・通常のクレジット決済:100円=3P
・マリオット・ボンヴォイの宿泊決済:1$=18.5P

 

ポイントをマイルに交換する

ポイントをマイルに交換するケースをご説明します。

マリオット・ボンヴォイポイント60,000Pをまとめてマイルに交換すると、5,000マイルがボーナス付与されます。

これを使うと、60,000P=25,000マイルになります。

つまり、100円=3P=1.25マイルです。
マイル還元率1.25%は、ANAカードなどには劣りますが、非常に高い還元率です。

これがホテル宿泊の時は、1$=18.5P=7.7マイルになります。
これは他に見ない、すごいマイル還元率です。

SPGアメックスは、ホテル宿泊決済で使うと、マイル還元率が最強のカード

具体的にモデル化してみてみましょう。
夏休みに25,000円/泊のマリオット・ボンヴォイホテルに5泊するとします。

宿泊費:25,000円×5泊=125,000円
獲得ポイント:125,000円×18.5%=23,125P
獲得マイル:約9,600マイル(1$=100円で計算)

これ、普通にANAカードで支払った場合は、約1,600マイルしか貯まりません
このカードを使ってホテルに泊まるだけで、8,000マイルも多く貯まるんです!
その上、お部屋もアップグレードされたりのメリットが別にありますからね。
使わない理由はないですね!

しかも下表のように交換できる航空会社のマイレージプログラムが豊富にあるのが魅力の1つです。
ANAにもJALにもマイル交換が出来ます。
この柔軟さもすごいところの1つです。

航空会社のマイレージプログラムポイント : マイル
エーゲ航空3:1
アエロフロート ボーナス3:1
エアロメヒコ クラブプレミエ3:1
エアカナダ アエロプラン3:1
エアチャイナ フェニックスマイル3:1
エールフランス/KLM フライングブルー3:1
ニュージーランド航空Airpoints™200:1
アラスカ航空 Mileage Plan®3:1
アリタリア航空ミッレミリア3:1
ANAマイレージクラブ3:1
アメリカン航空3:1
アシアナ航空アシアナクラブ3:1
アビアンカ航空 LifeMiles3:1
ブリティッシュ エアウェイズExecutive Club3:1
アジアマイル3:1
中国東方航空イースタンマイルズ3:1
中国南方航空3:1
コパ航空 ConnectMiles3:1
デルタスカイマイル3:1
エミレーツスカイワーズ3:1
エティハド ゲスト3:1
フロンティア航空EarlyReturns®3:1
海南航空3:1
ハワイアン航空 HawaiianMiles®3:1
Iberia Plus3:1
日本航空 (JAL) マイレージバンク3:1
ジェットエアウェイズ Jet Airways JetPrivilege®3:1
ジェットブルー航空TrueBlue™6:1
大韓航空スカイパス3:1
LATAM航空 LATAMPASS3:1
ルフトハンザ Miles & More3:1
Multiplus3:1
カンタス フリークエントフライヤー3:1
カタール航空プリビレッジクラブ3:1
サウディア航空3:1
シンガポール航空クリスフライヤー3:1
南アフリカ航空 Voyager3:1
サウスウエスト航空 Rapid Rewards3:1
TAPポルトガル航空3:1
タイ国際航空3:1
ターキッシュエアラインズ Miles&Smiles3:1
ユナイテッド航空マイレージプラス3:1.1
ヴァージンアトランティック航空Flying Club3:1
ヴァージンオーストラリア Velocity Frequent Flyer3:1

 

ポイントで無料宿泊する

なお、貯めたポイントは無料宿泊に交換することも可能です。

宿泊に必要なポイントはホテルのカテゴリーと宿泊シーズンごとに下表のように定められています。

カテゴリーローシーズンレギュラーシーズンハイシーズン
420,00025,00030,000
530,00035,00040,000
640,00045,00050,000
750,00060,00070,000

先ほどご紹介した記事で宿泊した、「伊豆マリオット修善寺」だと1泊35,000Pです。(レギュラーシーズン)
主要な日本のホテルをまとめたのが下表です。

ホテル名ブランドカテゴリー
フォーポイントバイシェラトン函館Four Points4