【マイチャレ(12)】全マイラー必携・TOKYUカードの実力を徹底調査 マイルが倍貯まるコツも教えます

マイチャレ第12回記事です。今回は、陸マイラーの最重要カード、TOKYUカードについて、スペックとメリット・デメリット、マイルの貯め方のコツをご紹介したいと思います。

年末ということもあり神キャンペーンが相次ぎ、マイチャレの更新は少し久々になってしまいました。
2019年もあと少しですが、マイルは順調に貯まっていますか?

今回ご紹介するTOKYUカードは、全陸マイラーにとって必携の1枚ですが、その実力を正しく理解して使うことで、さらにうまくマイルを貯めることができます

マイルの貯まり方を一番大きく左右するのがこのTOKYUカードと言っても過言ではありません!
TOKYUカードをお持ちの方も、これから申し込む方も、ぜひ本記事を参考にTOKYUカードを使いこなしてください。

【こんなことが分かります】
・TOKYUカードは、マイルに加えて2種類のポイントを貯められる
・ポイントサイトからの交換レートは、2020年からTOKYUカードが最高値に
・ANAカードマイルプラスで加盟店での利用で、マイルが倍貯まる
・マイペイす・リボの登録とANAマイ友プログラムでさらにマイルを獲得可能
・TOKYUカードは、常に財布にいれておきたい一枚

マイチャレの振り返り

「マイチャレ」とは、マイル初心者の方のマイルデビューを僕が全力サポートする企画です。

以下のような内容を予定しており、過去のマイチャレ第1回〜第11回ではマイルの基本的な説明からポイントサイトの紹介、クレジットカードの紹介などを行ってきました。

・マイルの価値&貯め方とは?
・ポイントサイトのご紹介と利用方法
・クレジットカードのご紹介と利用方法←今日はここ
・旅行時に次の旅行のマイルを貯める方法
・紹介方法

前回は、ホテル宿泊でがっつりマイルを貯めつつ、無料宿泊も可能にする最強カード、SPGアメックスを紹介しました。

関連記事

マイチャレ第11回記事です。今回はホテル宿泊で効率よくマイルを貯める方法と、SPGアメックスの入会キャンペーンについてご紹介します。これまでマイチャレでは、マイルの貯める方法についてご説明をしてきました。でもマイルで飛行機を[…]

SPGアメックス マイチャレ

この回は大変反響も大きく、SPGアメックスにぜひ加入したい!という声もたくさん頂きました。

僕はSPGアメックスのアンバサダーではあるのですが、むやみに紹介することはせず、皆さんの旅行のスタイルにあわせてアメックスのご紹介はしていきたいと思っています。

なので、もしもSPGアメックスに興味はあるけど、自分に必要かどうかわからない…という方は、お気軽に相談くださいね。
お話をしっかり伺って、必要かどうかを僕なりにアドバイスさせていただきます

さて、今回はSPGアメックスに比べると、地味ではあるのですが、マイル活動で最重要のカード、TOKYUカードを紹介します。

 

TOKYUカードの概要

まずは、TOKYUカードとはどんなカードなのかを簡単に解説します。

TOKYUカードとは?

陸マイラーサイトでは、TOKYUカードや東急カードと呼ばれるこのカード。正式名称はとても長く、ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードと言います。

この長い名称は、付帯機能がたくさんついているからで、なんとこれ1枚に

・ANAマイレージクラブ
・TOKYU POINTカード
・PASMO
・定期券
・クレジットカード

の5機能を搭載することが可能です。この時点でかなり使い勝手の良いカードなのがおわかりでしょうか。

この中では、地味にPASMOが便利です。
交通系電子マネーは使えるところが多いし、最近は自販機もPASMOならほぼ買えるので、極力現金を使いたくない僕としてはとってもありがたい!

更に、ここに追加でETCやiDなどの機能も搭載が可能です(iDは別カードになります)。

ちょっと小さめの店だと、クレジットは不可だけど電子マネーならOK、というところも多いので、マイルの取りこぼしを防ぐためにもiDは搭載をおすすめします

 

基本スペック

TOKYUカードの基本スペックは以下の通りです。

年会費初年度無料 2年目から2,160円 ※1
ボーナスマイル入会時、継続時に1000マイル
決済でのマイル還元利用1000円につき、5マイルまたは10マイル
フライトマイル10%

※1 マイペイす・リボに登録することで、年会費は826円(税込)に抑えることができます。

ANA系のカードであるだけあって、マイルが貯まりやすいのがお分かりだと思います。
年会費の安いカードで、このマイル還元率は嬉しいですよね。

ただ、うまく利用することで還元率はさらに上げることができますよ!
本記事後半でその方法は解説しますので、しっかりと活用してくださいね。

 

TOKYUカードはポイントサイトからのマイル交換に必須

TOKYUカードをとりあえず作れというサイトが多いのはなんでだろう?

マイル活動を始めたての人は、こんな疑問をお持ちかもしれないですね。

実は、TOKYUカードがなければ、ポイントサイトからのマイル交換で大損をしちゃうんです。

ポイントサイトで貯めたポイントって、そのままマイルにできるわけではないんですよ。できるところもありますが、それをやるととんでもなく低い還元率になってしまいます

そこで、様々なポイントを経由してポイントをマイルに変えていくのですが、2019年12月27日以降、最強になるのがTOKYUルートと呼ばれる、TOKYUカードを使うルートになります。

TOKYUルート

TOKYUルートでは図のように、ポイントサイト→ドットマネー→TOKYU POINT→ANAマイルという順で交換をすることで、75%という高いマイル交換率でポイントをマイルにすることができます。

2019年12月27日以降は、ポイントサイトからのルートはこれ一択です!なので、カードがまだ手元にない方は、必ず作っておいてくださいね。

 

TOKYUカードのポイント体系

TOKYUカードはANAとTOKYUの提携カードということもあり、少しポイント体系がわかりにくいところがあります。
TOKYUカードを使うことで、どんなポイントが貯まるのか、ここでは解説していきますね。

TOKYUカードではマイル+2種のポイントを貯められる

TOKYUカードを使うことで貯められるものは以下の3つです。

  • ANAマイル
  • TOKYUポイント
  • ワールドプレゼントポイント

このうち、TOKYUポイントとワールドプレゼントポイントは高い交換率でマイルに交換が可能
ということは、全てのカード利用を効率よくマイルに替えていくことができることになりますね。

つまり、TOKYUカードって完全にマイルを集めたい人に特化したカードなんです。

 

ANAのマイル

TOKYUカードユーザーがANAマイルをゲットできるのは、以下のタイミングです。

・入会時と継続時のボーナスマイル(1000マイル)
・フライト時(10%)

初年度は入会費が無料なのに1000マイルもらえるなんて太っ腹ですよね。

ただ、このボーナスマイルをもっと増やす方法を下でお伝えするので、申し込みはまだ待っていてくださいね。

 

ワールドプレゼントポイント

通常のクレジット利用で貯まるのが三井住友系のポイント、ワールドプレゼントポイント。

これが貯まる場面は3つあります。

・通常のクレジット利用
・定期券購入、PASMOへのオートチャージ
・付帯iDの利用

比較的金額の大きい定期券の購入がマイルにつながるのは嬉しいですよね。
電車に乗ると飛行機に乗るためのマイルが貯まる、というのもこのカードの面白いところです。

貯めたワールドプレゼントポイントは1000ポイントにつき、5マイルまたは10マイルのレートで交換が可能です。

これについては、下で詳しく説明していきます。

 

TOKYUポイント

TOKYUポイントは、東急系のお店で買い物をすることで貯まるポイントです。
同系列のお店で1ポイント1円で使うことができます。

東急系のお店には、東急、ヒカリエ、109などがありますが、男性マイラーさんには少し縁遠いお店が多いかもしれないですね。

TOKYUポイントはマイルと相互に交換が可能となっていますが、実際にマイルをTOKYUポイントにする人がいるとは、正直思えません(笑)。

逆に、お近くに東急系列のお店がある方はラッキーです!
TOKYUポイントは、高い交換率でマイルにできる優秀なポイント。お近くにお店がある方は、買い物でもぜひTOKYUポイントを貯めてください。

 

TOKYUカードのメリット

では、TOKYUカードにはどんなメリットがあるのでしょうか。ここで解説していきます。

ポイントサイトからのマイル交換率はソラチカ閉鎖後最強

最も大きいのがこれです!

繰り返しになりますが、2019年12月27日以降、TOKYUルートの75%が、ポイントサイトからの交換で最も良い交換率になります。

ちなみに、当サイト一押しのポイントサイト、モッピーを使うと、この交換率を爆上げできます。

モッピーでは、2019年12月20日まで、交換レートを86%と異常に高く設定しています。

このレートでの交換には諸条件が必要なのですが、そのうちの一つがTOKYUカードの所有。

未所有の方は期限に少し厳しいかな…と思いますが、すでに東急カードを所有し、モッピーでのポイントも貯まっているという方は、このキャンペーンを是非うまく利用してくださいね。

モッピーのキャンペーンはこちらから

モッピーでは、お得なキャンペーンが随時開催されているので、未登録の方は、今すぐ登録してキャンペーン情報をチェックしましょう。

\こちらから入会で50Pの入会ボーナス!/

 

ポイントサイトからの交換の手間が少ない

TOKYUルートは、ポイントサイト→ドットマネー→TOKYUポイント→マイルと全3回の交換で済むことが大きなメリット。

3回?面倒だな…と思う方もいるかもしれません。
でも、今まで最強だったソラチカルートと呼ばれる交換方法では4回も交換が必要だったんですよ!
しかも、その交換を終えるまでの期間は最短で2か月ほど。

TOKYUルートは、それぞれの交換にかかる時間も少なく合計で1か月弱で交換ができます

更に、交換の上限も月間10万ポイントとなっており、実質無制限
ソラチカルートに比べると、交換率は減りましたが利便性は圧倒的に増しました。

いずれにしろ、2020年からはポイントサイトからの交換はTOKYUルート1拓です!これを頭にいれておいてください。

 

クレジットカード利用のマイル還元率1.3%

TOKYUカードをクレジット利用することで、ワールドプレゼントポイントが貯まり、日々の生活からどんどんマイルをゲットすることができます。

その交換率は、

・5マイルコース:1000マイル→5マイル
・10マイルコース:1000マイル→10マイル

のいずれかです。

この2つのコースだったら、皆さん、当然10マイルコースを選びますよね。ただ、一つデメリットがあって、10マイルコースはマイル交換手数料がかかるんです。この費用が6,480円

なので、毎年マイル交換したいという人には、僕は別のANA系カードであるANA VISA/マスター ワイドゴールドカードをおすすめしています。

この違いについては、マイチャレ第4回で詳しく説明していますので、ご確認ください。

関連記事

あなたのマイルデビューを僕がサポートするブログ企画「マイチャレ」の第4回記事です。みなさんの応援のおかげで「マイチャレ」も第4回まで来ました。今回はちょっとマイチャレの予定からはずれて、これまでの記事を読んだ読者の方から頂い[…]

さて、交換費用はさておき、1000円で10マイルならマイル還元率は1%。悪くない数字です。

でもこれをもっと引き上げる方法があるんです。それが、マイペイす・リボというリボ払いへの登録です

マイペイす・リボに登録し、毎月数円のリボ手数料を発生させることによって、ボーナスとして1000円の利用につき、3マイルをゲットできます

これによって、マイル還元率は驚きの1.3%になりました。
マイル交換率は1%でも合格ラインと言えるなか、この年会費でこれだけ還元してくれるのはすごいですね!

ちなみに、リボ払いときいて、抵抗を感じている方もいるかと思います

わかります。僕も最初はめちゃくちゃ嫌でした(笑)。でも、マイペイす・リボの利用はコツさえおさえちゃえば全然難しくないし、これだけの還元率の差があるなら使わないのは損です。

とはいえ、不安ですよね。なので、次回マイチャレではマイペイす・リボの攻略を詳しくご説明します。