マイチャレ ポイントサイトに登録しよう

【マイチャレ(3)】マイル初心者向け:おすすめポイントサイトと登録方法

マイルデビューを僕が徹底サポートするブログ企画「マイチャレ」の第3回です。
本記事ではマイルを貯めるのに必須となるポイントサイトへの登録方法をご紹介します。

前回の記事では、マイルの獲得シミュレーションについてご説明しました。

関連記事

あなたのマイルデビューを僕がサポートするブログ企画「マイチャレ」の第2回記事です。今回は、ポイントサイトとクレジットカードを活用することで、1年間で無理なくどれくらいのマイルを貯めることができるのか、マイル獲得シミュレーションをして[…]

マイチャレ(2) マイル獲得シミュレーション

ポイントサイトとクレジットカード利用を使うことで、「固定給」と「成果給」を区別し、自分自身に合った無理なくマイルを貯めた場合に、どれくらいのマイルが貯まるのかイメージが湧いたと思います。

本記事では次のステップに進み、マイルを貯めるのに必要となるポイントサイトの登録方法についてご説明します。

【こんなことがわかります】
・ポイントサイト登録は「モッピー」と「ハピタス」の2つがオススメ
・モッピーはマイル交換レートが高還元
・ハピタスは案件数が多く、保証付きで安心
・どちらも入会は紹介入会がオススメ(本記事のボタンクリックでOK)

マイチャレの予定

マイチャレでは大きく以下の6項目に分けて説明していくつもりです。
1項目1記事というわけではなく、あくまでお伝えしたいジャンルが6つあるということです。

今回はポイントをマイルに変える準備の部分についてです。

・マイルの価値&貯め方とは?
・ポイントサイトのご紹介と利用方法←今日はここ
・クレジットカードのご紹介と利用方法
・旅行時に次の旅行のマイルを貯める方法
・紹介方法

どのポイントサイトを使うか

ポイントサイト

ポイントサイトについての説明はこちらの記事でしました。

関連記事

マイチャレにご興味を持って頂きありがとうございます。マイチャレとは僕と一緒にマイルデビューの準備を行っていく、当サイトのブログ企画です。マイチャレについてはこちらの記事をご覧ください。[sitecard subtit[…]

マイチャレ マイルの価値・貯め方

では、実際にポイントサイトとはどれくらいの種類があるのでしょうか。

試しにGoogleで「ポイントサイト」で検索してみましょう。


Google「ポイントサイト」検索結果


モッピー、チョビリッチ、ハピタス、、、画面に入ってませんが、げん玉、ECナビ、ライフメディア、ポイントインカムなどなど、、、たくさんのポイントサイトが見つかると思います。

これだけたくさんあると、どれを使えばいいのか迷ってしまいますよね。

でもこれ、すごく単純なんです。

「マイルに交換しやすいポイントサイト」を選べばいいのです。

 

マイルを貯めやすいポイントサイトとは?

2019年10月10日現在、ポイントサイトからANAマイルに交換するルートは2つあります。

廃止の決まっている「ソラチカルート」と新しい「TOKYUルート」です。

「ソラチカルート」は廃止が決まっているルートなので、今回は取り上げません。

そこで、「TOKYUルート」を見てみましょう。


TOKYUルート


TOKYUルートは、各ポイントサイトから、ドットマネーを経由して、TOKYUカードからANAマイルに交換するルートです。そのため、必須となるのは「ドットマネー」と「ドットマネーに交換できるポイントサイト」です。

上の図にあるようにドットマネーに交換できるサイトとしては、「モッピー」、「ハピタス」、「ポイントインカム」などがあります。

JALマイルやANAマイルへの交換に有利なキャンペーンを頻繁に開催している「モッピー」については、僕も今回新規入会してみることにしました。

また、元々「ハピタス」には会員登録していたので、こちらもこのまま継続利用していくことにしました。

なので、みなさんにも「モッピー」と「ハピタス」にご入会をお勧めします
今後の僕のマイル活動と同じことができるようになります。

モッピー

モッピーはマイル交換最強のポイントサイト

モッピーの強みはJAL/ANAのマイルどちらにも高還元で交換ができるところです。

特にJALマイルへの交換はクレジットカードなどを経由せずとも80%で交換するキャンペーンを実施中です。

通常は2ポイント=1マイルなので、かなりお得なキャンペーンですね!

こちらのキャンペーンは今のところ、無期限で実施中です。

モッピー JALマイルへの移行キャンペーン

このキャンペーンが適用されるには2つの条件があります。

条件1
12,000PをJALマイルへ交換すること

条件2
POINT WALLET VISA PREPAIDを所有していること (今はこの条件はなくなりました)

条件3
各月に利用した広告の合計ポイント数が15,000P以上あること

これらの条件を満たすと、12,000Pを使って6,000マイル+4,500Pを獲得することができるので、実質7,500Pで6,000マイルを獲得することができます。

還元率80%ですね!

なお、同じような条件でANAマイルもキャンペーンを実施中です。

こちらは、以下の条件を満たすとモッピーPが1,500Pポイントバックされます。

モッピー ANAマイル交換キャンペーン

条件1
10,000Pをドットマネーに交換し、ドットマネーからTOKYUポイントへ10,000P交換すること

条件2
POINT WALLET VISA PREPAIDを所有していること (今はこの条件はなくなりました)

条件3
各月に利用した広告の合計ポイント数が15,000P以上あること

10,000P使うことで、7,500マイル+1,500ポイントなので、実質8,500Pで7,500Pとなり、還元率は86.3%にもなります。

 

モッピーへの入会方法

モッピーに紹介入会する方法と、POINT WALLET VISA PREPAIDの申し込み方をご説明します。

まず、こちらのリンクから入会ください。

\当サイトはモッピー公認サイト
\10/31までの入会ならボーナスが2,000P貰えます/
12/31までに5,000P獲得(確定)が条件/
モッピー入会キャンペーン
(1)上記のボタンを押して開いた画面の「登録してポイントを貯める」をクリックする。
モッピーへの入会方法
(2)メールアドレス入力欄があるので、モッピーに登録したいメールアドレスを入力し、「送信する」をクリックする。
モッピーへの入会方法
(3)メールを送信しましたの画面が表示されるので、登録したメールアドレスの新着メールをチェックする。「モッピーあと1分で完了します」というタイトルのメールが届くので、メール本文内のリンクをクリックする。
モッピーへの入会方法
(4)モッピー無料会員登録画面が開くので、必要情報などを入力します。
これで会員登録は完了です。モッピーは登録完了後、即時使うことができます。
以下の手順は「POINT WALLET VISA PREPAID」の申し込み方法です。
以前はマイル還元率を上げる条件の一つでしたが、今は条件に入ってないので、実施しなくてOKです。
(5)次に「POINT WALLET VISA PREPAID」の申し込みをします。
POINT WALLET VISA PREPAIDの申し込みページを開きます。
モッピープリペイドカードの申し込み
(6)ページ中央に「POINT WALLET VISA PREPAID お申し込みはこちら」ボタンをクリックする。
モッビー POINT WALLET VISA PREPAIDの申し込み
(7)登録するメールアドレスを入力します。
テキストモッピーPOINT WALLET VISA PREPAIDの申し込み
(8)申し込みページのURLが記載されたメールが届くので、メールに記載されたURLをクリックする。
モッピー POINT WALLET VISA PREPAIDの申し込み
(9)利用規約が表示されるので、内容を確認して、問題なければ同意して次に進むをクリックします。
モッピーPOINT WALLET VISA PREPAIDの申し込み

(10)申込情報登録を行います。本人確認書類の写真のアップロードが必要になるので、運転免許、健康保険証、パスポート、身体障害者手帳、在留カード、特別永住者証明書のいずれかが必要です。

全ての登録が完了すると確認画面が出るので、内容を確認して完了です。

モッピーPOINT WALLET VISA PREPAIDの申込
(11)完了画面が表示されます。
完了メールが届きますので、確認してください。
僕は10/11の夜に上記の申し込みを完了させました。
カード到着後の処理については、こちらの記事をご覧ください。

 POINT WALLET VISA PREPAIDが届いたら実施するアクティベートについて紹介した記事

関連記事

マイチャレ第7回記事です。ポイントサイトのモッピーに入会した際に合わせて入会した「POINT WALLET VISA PREPAID」が届きました。このカードはこのままでは使うことができず、アクティベート処理が必要になります[…]

 

ハピタス

ハピタスは使い勝手の良いポイントサイト

ハピタスは万能タイプのポイントサイトです。

ハピタス

その特徴は取り扱い案件や交換可能なサービスが多いこと!

なので、廃止になった「ソラチカルート」でも使えましたし、今回の「TOKYUルート」でも使えます。

また、高還元案件が多いのも