グアムホテルPICグアムのレビュー

【レビュー】PICグアムはプール!ビーチ!子供に最高のホテル:2019年夏休み

  • 2019年9月8日
  • 2019年10月7日
  • 旅行
  • 0件

2019年夏休み 特典航空券で行くグアム旅行のレビュー記事です。
本記事では宿泊した「PICグアム」についてご紹介します。

PICグアムは、広大な敷地内に、ビーチ、プール、テニスコート、パターゴルフなど様々なレジャー施設を持ったグアムの中でも1位、2位を争う総合レジャーホテルです。

今回はそのPICグアムの中でも「ロイヤルクラブプレミアム」という、クラブラウンジ利用が可能なお部屋に宿泊しました。

子供が思いっきり遊ぶことのできるPICグアムについて、余すことなくご紹介しますね。

【こんなことがわかります】
・PICグアムのチェックインからお部屋までのレビューです
・ロイヤルクラブのお部屋だとチェックインが専用カウンターで快適
・ロイヤルクラブプレミアのお部屋は快適
↓かなりボリュームある記事なので、ピンポイント情報が知りたい方は目次を使ってください↓

特典航空券など移動に関する記事

今回のグアム旅行は僕が陸マイラーになって初の特典航空券での家族海外旅行です。

その飛行機などの様子に関するレビュー記事はこちらです。

関連記事

ANA特典航空券で海外家族旅行に初めて行ってきました!!国際線の特典航空券の利用も初めてだし、国内でトランジットして国際線に乗るのも初めてだったので、ちょっとバタバタしたりしましたが、その内容をお伝えしたいと思います。7歳と3歳[…]

 

PICグアムの立地

空港からのアクセス

PICグアムは、DFSなどのあるグアムの中心地「タモン」に外れに位置するホテルです。

空港には非常に近く、車で5分の距離です。

空港からホテルへのアクセスは、タクシーまたはPICホテルのシャトルバスがあります。

シャトルバスは大人1人往復で30ドルです。

 

タモン(中心街)へのアクセス

PICグアムは一応タモン地区のホテルですが、かなり外れに位置するため中心街へは少し距離があります。

そのため徒歩で中心街に出るのは少し距離があります。おそらく30分から40分くらいはかかります。

中心街に出るには、PICグアムからDFSまでは無料のシャトルバスが出ているので、これを利用すると便利です。

このシャトルバスは30分に1台くらいのペースで運行されています。

またはホテルの前に赤いバスのバス停もあるため、赤いバスで移動してもよいです。

赤いバスの料金は下表の通りです。

チケット種別料金
1回乗車券$4
1日乗車券$12
2日乗車券$15
5日乗車券$25
子供乗り放題券(6歳から11歳)$13
おむすび
1日に3回以上乗るなら1日乗車券がお得です。

その他へのアクセス

その他の施設へのアクセス情報です。

グアムはもともと小さいな島ですし、移動で困ることはありません

特に総合スーパーのKマートが歩いていける距離にあるのは便利でした。
食べ物や飲み物を調達できるので、旅行の前半に行ってみるのがオススメです。

ちょっとしたものはホテルの正面にABCストアがありますし、ホテルの売店も良心的な値段で販売しているので、そこで事足ります。

場所所要時間
ABCストア徒歩1分
プロア徒歩5分
Kマート徒歩10分
グアム・プレミアム・アウトレット赤いシャトルで20分
マイクロネシア・モール赤いシャトルで20分

 

PICグアムのチェックイン

今回、宿泊したお部屋は「ロイヤルクラブプレミア」というラウンジ利用などが可能なお部屋でした。

このロイヤルクラブに属するお部屋の場合は、チェックインカウンターが一般と異なり専用カウンターがあります

そのため並ばず、しかも座ってチェックインができて非常に快適でした。

おむすび
荷物もあるし座ってチェックインできるのは快適
クーラーもよく効いてました
一般カウンター
PICグアム一般チェックインカウンター
専用カウンター
PICグアムロイヤルクラブ専用カウンター

ホテル全般の印象

ホテル設備

これはグアムホテル全般に言えることですが、やはり設備は古いです。

お部屋でもコメントしましたが、水回りなどはあまりよくありません

しかし清掃などはしっかりしていますし、不快に思うことはありませんでした。

おむすび
グアムはしばらく新しいホテルが建設されなかったので、新しいホテルが良い場合はディシュタニ・ホテル一択ですね

 

ホテルサービス

ホテルサービスは普通です。

お部屋の清掃が日中に1回と、夜間にタオル交換してくれたりと、ちょっと良いサービスもありました。

おむすび
夜のタオル交換の時にお水とチョコももらえます

プールやビーチにたくさんいる「クラブメイツ」と呼ばれるスタッフは、みんな若く、ノリも良く、非常にリゾートを盛り上げてくれていました

 

客層

宿泊客は、日本人と韓国人しかいません!!

割合としては韓国人の方が多いように感じました。

一部の口コミでは韓国人はマナーが悪い、というようなものを見かけましたが、少なくとも僕の滞在中はそのようなことを感じることはありませんでした

また、時期もあって9割が子連れファミリーでした。

少なくとも夏休み時期の8月はカップルで行くのはやめた方がいいと思います。

 

PICグアムのお部屋

お部屋の種類

PICグアムには、ロイヤルタワーとオセアナタワーの2つの棟があります。

ロイヤルタワーの方が広いお部屋やラウンジ付きのお部屋があり、比較的に高価です。

お部屋を表にまとめると下のような感じです。

部屋部屋の広さ・高さラウンジ利用
ロイヤルクラブ・エグゼブティブ・スイート120平米
ロイヤルタワー 25F-26F
ロイヤルクラブ・スイート75.5平米
ロイヤルタワー 23F-26F
ロイヤルクラブ・プレミアム45平米
ロイヤルタワー 12F-26F
ロイヤルクラブ38平米
ロイヤルタワー 17F-26F
シッキールーム38平米
ロイヤルタワー 3F-4F
デラックス38平米
ロイヤルタワー 2F-16F
ファミリー・デラックス・ルーム45平米
ロイヤルタワー 3F-11F
スーベリアプラス33平米
オセアナタワー 5F-11F
スーベリア33平米
オセアナタワー 10F-31F
スタンダード33平米
オセアナタワー 2F-9F

今回、宿泊したのは、ロイヤルクラブ・プレミアムです。

 

ロイヤルクラブ・プレミアムの様子

今回アサインされたのは14階のお部屋でした。
あとからわかったのですが、ちょうどこの翌日まで韓国の団体ツアーのお客さんが大勢いらしたみたいで、上層階はそのツアーのお客様で埋まっていたようでした。

お部屋のメイン部分の様子はこんな感じです。
古さは感じますが、広さもあり清潔なお部屋でした。

ベッド(入り口側から)
PICグアムロイヤルクラブプレミアムのお部屋
ベッド(テラス側から)
PICグアムロイヤルクラブプレミアムのお部屋
テラスからは海とPICグアムのプールがよく見えます!
完璧なまでのオーシャンビューでした。
おむすび
ロイヤルクラブプレミアムは角部屋のお部屋なので、テラスもお隣さんが見えたりせず、プライベート感があって最高でした♪
テラス
テラスからの風景
続いてソファーとクローゼットです。
ソファーはちょっと小さいのと、一人用が2脚だったので、イマイチでした(笑)
クローゼットは良くも悪くも普通です。
ソファー(2脚ありました)
クローゼット
お風呂は昔の作りです。
浴槽側はハンドシャワーが付いていますが、これは水圧が低くてかなりイマイチでした。
通常のお部屋にはついてないのですが、ロイヤルクラブプレミアの場合はシャワールームがついており、基本的に身体を洗うのはこちらのシャワールームを使いました
こちらも水圧が強いとは言えないのですが、ハンドシャワーより快適に使うことができました
とは言え、使う時間帯によっては、お湯になるのに5分くらいかかったりするので、やはり水回りは新しいホテルと比較するとかなり弱いです。
おむすび
ロイヤルクラブとロイヤルクラブプレミアムの違いは、角部屋であることと、シャワールームがあることだけですが、この差は意外と大きいと感じました
浴槽とハンドシャワー
PICグアムロイヤルクラブプレミアのお風呂
シャワールーム
PICグアムロイヤルクラブプレミアのシャワーブース
ロクシタンの石鹸などのセットがありました。女性には嬉しいですね!
シャンプーなどは資生堂のものでした。
海外ホテルだと泡立ちにくいシャンプーなどが置かれており、別で購入したりするのですが、その必要がなくて快適でした。
ロキシタンのセット
PICグアムロキシタンセット
シャンプーなどは資生堂製
PICグアム資生堂セット
トイレはウォシュレット付きです!
これも嬉しい♪
グアムはウォシュレット率がかなり高かったです。
ウォシュレット付きトイレ
PICグアムトイレ

 

 

PICグアムのプール

PICグアムのプール

PICグアムといえばプールです!

プールだけですごい種類があります。

スライダーや、浮き橋を渡るプールや、競泳用プール、子供用プール、カヌー用プール、シュノーケリングして魚と一緒に泳げるプールなど、様々です!

PICグアムプールマップ
公式サイトから引用

 

しかし残念なことに遊ぶことに熱中しすぎて写真を撮り忘れました(笑)

一部だけ動画があったので、こちらをご紹介しますね。

プールエリアだけでもものすごい広さなのがわかって頂けるかと思います。

下の動画で大体プールエリアの半分弱ぐらいです。

 

動画には入っていませんが、小さなお子さんでも安心して遊べる幼児用のプールもあります。

また夜22時までメインプールは利用できるため、グアムでは珍しいナイトプールを堪能することができます。
ナイトプール目当てで、他のホテルから訪れる方もいるらしいです。

幼児用のプール
PICグアム幼児用プール
ナイトプール
PICグアムナイトプール

 

プールの混雑具合

私が訪れたのは8月の後半でしたが、なかなかの混雑具合でした。

ただプールがとても広いので、芋洗状態になるようなことはなく、スライダーなども並んでも10分程度の混雑度です

ただし屋根付きのビーチチェアなどは人気のため、プールオープンの9時前からタオルなど置いて場所取りをしている人がたくさんいました

また、プールアクティビティでは泳げる水族館(シュノーケルをつけて魚が泳ぐプールを一緒に泳ぐ)が人気でした。こちらは事前予約が必要なアクティビティで、当日の9時から予約が開始になります。

9時前に並んでいないと予約できないような状況でした。

PICグアム泳げる水族館
公式サイトから引用

せっかくのリゾートなので、朝から場所取りや予約をしないとダメなのは残念ですね。

朝、取るものを取ってしまえば、あとは1日ゆっくりと過ごすことが出来ます。

 

PICグアムのビーチ

PICグアムのビーチ

PICグアムのビーチはホテル宿泊者専用のプライベートビーチです。

PICグアムのプライベートビーチ

ビーチバレーのコートもありますし、パラソルやビーチチェアは宿泊者は無料で使うことができます。

海は浅瀬が続いていて、遊泳可能エリアのほとんどは足が付きます。

なので、子供にも安心の海です。

浅瀬が続く海
PICグアムのプライベートビーチ
砂浜はサンゴや石が混ざっている
PICグアムのプライベートビーチの砂浜
ただし砂浜は、サンゴや石が混ざっており、場所によっては裸足だと痛いです。
そのためビーチシューズも無料貸し出ししていました。
他にもシュノーケルやお砂場セットなども貸し出してもらえるので、手ぶらでOKです。
海の水の透明度は非常に高いです。
こちらの動画はPICグアムの海に入って歩きながらGoProを使って海中撮影したものです。
これ、足のつく浅瀬なのに、こんなに魚がいるんです!
PICグアムはプールが充実しすぎていて、プールで遊ぶ人が多いため、プライベートビーチが比較的に空いているのも高ポイントです。
ビーチチェアなども空いていますし、他のホテルのビーチよりもゆったりと過ごすことが出来ます。
ちなみにこちらの動画などはアクションカメラのGoProを使って撮影しています。
購入して初めて旅行で使いましたが、控えめに言って最高のカメラです。
お得な購入方法をこちらの記事でご紹介しています。
新機種でも使える技ですので、ぜひ、ご覧ください。
関連記事

GoPro HERO7 Blackに代表されるGoProシリーズの最もお得な楽天での購入についてご紹介します。僕は今年の夏休みはグアム旅行へ行く予定です。グアムではプールや海を満喫するつもりなのですが、1つ困ったことがあるん[…]

 

PICグアムのレストラン

PICグアムのレストラン

PICグアムは宿泊者に渡されるPICカードというものがあり、これが宿泊者である証明になります。

PICカードには、ブロンズ、シルバー、ゴールドの三色があり、それぞれ食事に使えるかの違いがあります。

ブロンズ:食事は別途料金が必要
シルバー:朝食のみ無料
ゴールド:全食無料

私は今回ブロンズだったので、食事はディナーショーしか使っていません。
朝食はクラブラウンジで頂きました。

ただ周りを見てみると、特に韓国の方はゴールドカード所有者が多かったです。

ゴールドカードの場合は、以下のレストランの食事が無料になります。

店舗形態店舗名料理食事
レストランビストロフレンチアメリカン昼食・夕食
スカイライトビュッフェレストラン朝食・昼食・夕食
花城日本料理朝食・昼食・夕食
サンセットバー&バーベキューバーベキュー夕食
ディナーショーパシフィックファンタジーディナーショーディナーショー夕食
軽食ラーメンハウス北海道軽食朝食・昼食・夕食
シッキースナックシャック軽食昼食

ゴールドカードにすれば、オールインクルーディブのホテル滞在が可能です。

カードの色の変更は宿泊途中でも可能ですが、変更日からチェックアウトまで一気に変更する必要があります。

おむすび
後述しますが、ブロンズカードがオススメです♪

迫力満点のディナーショー

今回は、ショーが非常に評判いい、ディナーショーだけホテルレストランを利用しました。

僕が訪れ日は、満席!でした。
ショー自体が1日1回の実施なので、利用する場合は事前の予約をお勧めします。

この日は韓国の団体ツアーの方々と重なってしまい、前方の良い席は全てツアー客で埋まっていました。
僕は最後方の席だったため、ショーの写真が遠目です。すみません。。。

席順はツアーなどは事前に場所が決まっており、それ以外の個人のお客さんは先着順に前の方の席に案内されていました。

食事はビュッフェスタイルとなっており、ショーが始まる前に食事をします。

ただビュッフェゾーンは大混雑!です。正直、この時点で嫌気がさしました。
長蛇の列になってしまって、食事を取るのに一苦労でした。

ショー開始の前になると逆にガラガラなので、少し落ち着いて食事するといいかもしれません。

 

客席の様子
PICグアムディナーショーの様子
食事1
PICグアムディナーショー食事

 

食事2
PICグアムディナーショー
デザート
PICグアムディナーショー

 

そして食事ですが、上の画像で伝わると思いますが、

美味しくないです。

いや、びっくりするぐらい美味しくないです。

ショーがなければ、絶対に行かない味でした。

何しろメインがホットドックですよ!
しかも美味しくない。。。ユナイテッド航空の軽食の方が美味しかったです。

 

ショーの様子PICグアムディナーショー
ショーの様子PICグアムディナーショー
ショー自体はなかなか面白かったです。
特に炎を使ったショーは迫力がありました。
このショーを見に行くための場所ですね、ここは。
写真だとかなり遠目になってしまっていますが、実際はもっと良く見えたので、最後方の席でも特に問題はありませんでした。
ちなみにグアムにも美味しいレストランはあります。
関連記事

2019年夏休みのグアム家族旅行のレビュー記事です。今回は、どのガイドブックにも掲載されている地元民にも人気のチャモロ料理レストラン「プロア」[PROA]のご紹介です。プロアがどれくらい人気かというと、確実に予約をするならば[…]

クラブラウンジ

今回のお部屋はクラブラウンジが利用可能です!

朝食は毎日ここで頂きました。

また、カクテルタイム(17時〜19時)はアルコールの提供もあります。

それほど大きなラウンジではない(60席くらい?)ので、朝食時は少し待っている方もいたようです。
僕たちはタイミングがよかったのか、座れずに困ることはありませんでした

朝食で人気のビュッフェレストランは朝から長蛇の列が出来ていましたので、PICグアムを利用するならクラブラウンジアクセス付きのお部屋にした方が、よいと思います。

おむすび
ゴールドカードを取るよりもクラブラウンジ利用付きのお部屋を予約する方がオススメです

まず、入り口です。
部屋のカードキーで認証して入ります。

クラブラウンジ入り口
PICグアムクラブラウンジ入り口
カードキーを使って入ります
PICグアムクラブラウンジセキュリティ
朝食の時がこちら。
品数は決して多くないですが、朝食としては十分でした。
味もディナーショーと比べたら絶品です(笑)
おむすび
毎日出ていたスモークサーモンが僕のお気に入りです♪
日替わりで少しずつメニューも変わっていました。
日本食が恋しくなる人に嬉しい、味噌汁などもありましたよ。
朝食(ホットメニュー)PICグアムクラブラウンジ朝食
朝食(コールドメニュー)
PICグアムクラブラウンジ朝食
朝食(シリアル)
PICグアムクラブラウンジ朝食
朝食
PICグアムクラブラウンジ朝食
カクテルタイムは1日しか行けなかったですが、こちらも食前の優雅なひとときとしては十分です。
ビールはもちろんことカクテルは20種類くらいから選ぶことが可能でした。
カウンターにビールが並びますPICグアムクラブラウンジカクテルタイム
カクテルはオーダします
PICグアムクラブラウンジカクテルタイム
ホットメニューで軽く食事も出来ます。
一番手前の魚のフリットはカクテルタイム開始20分くらいで売り切れてしまい、ポテトだけになってました。
夕食感覚でお皿何枚も食べている方もいらっしゃったので。。。(笑)
カクテルタイム(ホットメニュー)
PICグアムクラブラウンジカクテルタイム
カクテルタイム(コールドメニュー)
グアム旅行でよく見かけたのが、このキムチ。
韓国人観光客の急増でキムチの消費量が爆発的に上がっているそうです。
キムチ登場
PICグアムクラブラウンジカクテルタイム
カクテルタイム

PICグアムは子連れには最高のホテル

今回は2019年の夏休みに訪れたPICグアムについてご紹介しました。

アクティビティが豊富なPICグアムは子供が遊ぶには最高のホテルです。

また、中心地タモンへ徒歩は無理ですが、バスなどの交通手段が揃っているので、それほど不便ではありません。

逆にKマートなどに徒歩で行けるのがメリットですね!

子連れでグアム旅行の方は、ぜひ、ご検討頂くとよいと思います。

今回の特典航空券で行くグアム旅行の予約から旅行レビューまでのまとめ記事はこちらです。

よろしければ、ぜひご覧ください。

関連記事

2019年夏休みは、特典航空券を使ってグアムへ行く予定です。本記事ではそのグアム旅行の計画立案のまとめを行います。マイルを真剣に貯め始めてから半年が経ちました。昨年のハワイ旅行で7桁万円を使ってしまい、今年は大人しく国内旅行[…]

ウェスティングアム

長文の記事を最後までお読み頂きありがとうございました。


我が家が今年グアムに行けたのは、下記の2種類のクレジットカードのおかげ!

特にSPGアメックスは旅好きな方には必須のクレジットカードです。

関連記事

旅行好きな人は絶対入会してほしいSPGアメックス(マリオットボンヴォイアメックス)のメリット・デメリットのご紹介です。旅行は好きですか?僕は旅行が大好きです。しかしながら、4人家族で旅行に行こうとすると、費用がかかります。海外な[…]

関連記事

「ANA VISA/マスターワイドゴールドカード」のメリット、デメリットをご紹介します。本サイトではマリオット・ボンヴォイ系のホテルに強いSPGアメックスカードをおすすめしています。ただ日常のクレジットカード支払いをANAマ[…]

 

 

みなさんからのアクセスが、記事投稿の活力です。
よろしければ上記のリンクから本記事のシェアを頂けると嬉しいです。

本サイトでおすすめのクレジットカード「SPGアメックス」の紹介入会はこちらから。
通常30,000ポイントの入会特典ボーナスが、36,000ポイントに増額されます!!

紹介入会はこちらから
グアムホテルPICグアムのレビュー
最新情報をチェックしよう!