2021年プラチナチャレンジ再開

【マリオット】2021年プラチナチャレンジ再開!おすすめホテルと損益分界点も!

本記事では2021年5月に再開したプラチナチャレンジについてご説明します。

プラチナチャレンジのルール解説に加えて、地方別のプラチナチャレンジおすすめホテル、プラチナチャレンジの損益分界点についても解説します。

 

2021年もマリオットのお得なキャンペーンが止まりません!

先日開始したSPGアメックスの入会ボーナスが2倍になるキャンペーンに続き、2020年は中止していたプラチナチャレンジが再開されました。

プラチナチャレンジとは通常50泊の宿泊実績が必要なプラチナエリート資格をわずか16泊で獲得できる制度のことです。

プラチナエリートになると朝食無料やクラブラウンジへのアクセス権、スイートを含むお部屋のアップグレードの権利など、1つ下のゴールドエリートよりも多くのメリットがあるため非常におすすめです。

 

僕は平均年収のサラリーマンなので、マリオットホテルのスイートルームなんて雲の上の話・・・と思っていましたが、プラチナエリートを取得することでお得にスイートに宿泊したりしています。

マリオットにすっかりハマったのはプラチナエリートになってからですね。

それぐらい威力のあるエリート資格だと思います。

 

さて、自己紹介をさせてください。

もくれれもくれれ
・マイルで家族4人を笑顔にするパパマイラー
・マイルやポイントでお得に旅行しています
・2023年航空チケット・ホテル宿泊費無料のハワイ旅行達成
・この経験を皆さんにも味わってもらうためにブログ配信中

 

それではプラチナチャレンジについて解説していきます。

【こんなことがわかります】
・2021年プラチナチャレンジの制度内容
・地方別のプラチナチャレンジおすすめホテル
・プラチナチャレンジの損益分界点はプラチナ取得後に8〜13泊するかどうか

マリオットのプラチナエリートとは?

エリート資格の比較

マリオット・ボンヴォイのエリート資格について整理します。

エリート資格の比較を下表にまとめます。

資格必要宿泊数主な特典備考
ノーマル0泊・無料Wifi
・会員料金適用
会員登録のみで認定
シルバー10泊*上記に加えて
・ポイントアップ(10%)
・優先レイトチェックアウト
ゴールド25泊*上記に加えて
・客室アップグレード
・ポイントアップ(25%)
・14時までのレイトチェックアウト
SPGアメックス入会で認定
プラチナ50泊*上記に加えて
・客室アップグレード(スイート含む)
・ラウンジ利用
・朝食2名無料
・年間チョイス特典
・ポイントアップ(50%)
・16時までのレイトチェックアウト
年間チョイスは50泊時の特典
チタン75泊*上記に加えて
・ポイントアップ(75%)
アンバサダー100泊*上記に加えて
・アンバサダーサービス
・Your24
(年間チョイスなし)
宿泊実績に加えて年間2万ドルの利用が必要

 

SPGアメックス入会の特典でなれる「ゴールドエリート」と比較して「プラチナエリート」の場合、特にメリットの大きい特典が以下です。

  • スイートを含む客室アップグレード
  • ラウンジ利用
  • 朝食2名無料
  • 16時までのレイトチェックアウト

 

また、プラチナエリートの1つ上のチタンエリートになっても、ポイントアップ率が上昇するだけで目に見える特典の違いはありません

つまりプラチナエリートはかなりコストパフォーマンスに優れた上位エリート資格であると言えます。

 

プラチナエリートの特典は強烈!僕の場合を紹介

僕は2020年に初めてマリオットのプラチナエリートを取得しました。

プラチナチャレンジではなく、通常の50泊の宿泊実績によってプラチナエリートになりました。

 

プラチナエリート後、初宿泊となったシェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテルでは、いきなり和室スイートへのアップグレードを受け、以来すっかりラチナエリートの特典にハマってしまいました。

ベッドも布団もある広いお部屋もすごかったですが、何よりも専用の大浴場が使える権利がある、素敵なお部屋でした。

この大浴場を貸切で使えるんです!

シェラトン・グランデ・トーキョーベイ 和室スイート
シェラトン・グランデ・トーキョーベイ 和室スイート
シェラトン・グランデ・トーキョーベイ 和室スイート
シェラトン・グランデ・トーキョーベイ 和室スイート

 

その後、夏休みに富士マリオットホテル山中湖や、伊豆マリオットホテル修善寺などを訪れましたが、朝食とラウンジが使えるだけでもホテルステイの満足度が格段に上がります

 

そのままの勢いでチタンエリートまで取得して現在に至る、というような感じです。

 

プラチナチャレンジ(2021年版)

それではプラチナチャレンジのルールについて解説していきます。

プラチナチャレンジ自体は以前からある制度なのですが、2021年版は少しルールが変更になっています。

プラチナチャレンジ(2021年版)ルール概要

2021年のプラチナチャレンジの概要は以下の通りです。

参加資格・マリオット・ボンヴォイ会員(ゴールドエリート以下)であること
公式サイトから予約した宿泊実績が1泊以上あること
・2021年で初めてのプラチナチャレンジであること
申込方法・デスクに電話する
・0120-92-5659
プラチナ達成条件・プラチナチャレンジ開始月+3ヶ月以内に公式サイトから予約した有償宿泊を16泊すること
(ポイントを使った宿泊は対象外となる)
・プラチナチャレンジ開始日はデスクに電話した時に決めることが出来る
対象ホテル・マリオット・ボンヴォイに参加しているホテル
プラチナエリート期間・達成した年+翌年
*ステータスの1年間は2月から1月

 

過去のプラチナチャレンジの内容から「参加資格」に少し変更があります。

これまでは過去にプラチナチャレンジの利用実績があるとプラチナチャレンジに挑戦出来なかったのですが、2021年のプラチナチャレンジは2021年で初めてであれば誰でも挑戦出来ます

少し参加条件が緩和された形ですね。

 

対象は有償宿泊のみ

また、達成条件の16泊の宿泊実績については、マリオット公式サイトから予約した宿泊であることと、有償宿泊であることが条件となります。

SPGアメックスの入会キャンペーンで貰ったポイントを使ってポイント宿泊を計画している方がたくさんいると思いますが、ポイント宿泊やポイント+キャッシュは対象外となるのでご注意ください。

 

対象は「マリオット・ボンヴォイ」参加ホテル

対象ホテルは「マリオット・ボンヴォイ」に参加しているホテルです。

マリオット系列だけどマリオット・ボンヴォイに参加していないホテルは対象外です。

 

日本国内だと「東山ニセコビレッジ、ザ・リッツ・カールトン・リザーブ」のみが対象外ホテルとなります。

海外にも対象外のホテルがあります。

対象か、対象じゃないかの確認は、予約画面などで「カテゴリー」表示の有無を確認することで出来ます。

カテゴリー表記がない場合はマリオット・ボンヴォイ対象外ホテルのため、プラチナチャレンジの宿泊数に合算されません。

マリオット・ボンヴォイ対象外ホテルの見つけ方

 

資格保持期間は達成月によって異なる

マリオットのエリート資格は毎年2月から翌年1月の1年間が期間となります。

プラチナチャレンジで獲得したプラチナエリート資格の有効期間は、取得年+1年間です。

そのためプラチナチャレンジ達成月が2022年1月になってしまうと、プラチナエリートの期限が2023年1月までとなり、プラチナエリート保持期間が最短となってしまいます。

最長とするためには2022年2月に達成するのがベストで、この場合は2年間プラチナエリートを楽しむことができます。

今からすぐにチャレンジして7月に達成すれば1年7ヶ月間はステータス維持できます。

プラチナチャレンジ達成月プラチナエリート有効期限プラチナエリート期間
2022年1月2023年1月1年1ヶ月
2022年2月2024年1月2年
2021年7月2023年1月1年7ヶ月

 

チャレンジをいつ始めるかは、宿泊をどのタイミングにするかなど、人それぞれだと思いますが、なるべく2月〜7月くらいの間に達成した方がプラチナを楽しめる期間が長くなってよいと思います。

 

プラチナチャレンジの注意点

このプラチナチャレンジという制度、マリオットでは非公開になっている制度なんです。

そのため公式サイトなどでは一切告知をしていません。

参加も電話でしか受け付けていません。

裏メニュー的な制度なんです。

 

そのためなのか、制度の詳細が変わったり制度自体が急に中止になったりということがあります。

2020年はコロナ渦だったこともあるのか、突然ステータスマッチ制度が始まり、それと共にプラチナチャレンジは中止となりました。

2021年はプラチナチャレンジが始まりましたが、来年以降は未定という話も出ていますし、今年も急に中止するケースもあり得ると思います。

この辺りは非公開制度ということで、やむを得ないのかもしれません。

プラチナチャレンジの達成月によって、プラチナエリートの保持期間が変わるのは前述の通りですが、2022年2月までプラチナチャレンジが継続されている保証は全くないので、プラチナチャレンジに挑戦するのであれば、僕はすぐに開始するのが1番良いと思います。

 

プラチナチャレンジに必要な費用

プラチナチャレンジを達成するためには16泊の有償宿泊が必要です。

そのコストに見合うリターンを獲得出来るのかを検討します。

プラチナチャレンジにおすすめのホテル

まず、各地方別にプラチナチャレンジにおすすめのホテルをまとめました。

ホテルの宿泊費は宿泊日などで大きく変わるので、下記の条件の時にどうなったのかという参考として見て頂ければと思います。

【宿泊条件】
・検索日:2021年5月23日
・宿泊:2021年6月1日〜6月17日(16連泊)
・宿泊人数:大人2名
・表示された最安値価格を採用

ホテル名宿泊費合計備考
【北海道】
フォーポイントバイシェラトン函館140,990円
フェアフィールド・バイ・マリオット札幌191,471円
【東北】
ウェスティンホテル仙台375,303円
【関東】
モクシー東京錦糸町198,984円
フェアフィールド・バイ・マリオット・栃木宇都宮201,344円宿泊券を11,495円で購入可能
(トータル183,920円)
フェアフィールド・バイ・マリオット・栃木もてぎ201,344円宿泊券を11,495円で購入可能
(トータル183,920円)
【中部】
フェアフィールド・バイ・マリオット・三重御浜154,880円
フェアフィールド・バイ・マリオット・岐阜美濃154,880円
フェアフィールド・バイ・マリオット・岐阜清流里山公園154,880円
フェアフィールド・バイ・マリオット・岐阜郡山154,880円
フォーポイントバイシェラトン名古屋中部国際空港164,560円5,000円バウチャーを10%オフで購入可能
(トータル148,500円で宿泊可)
フェアフィールド・バイ・マリオット・三重おおだい174,240円
フェアフィールド・バイ・マリオット・和歌山串本174,240円
【近畿】
フェアフィールド・バイ・マリオット大阪難波154,574円
コートヤード・バイ・マリオット大阪本町154,725円
フェアフィールド・バイ・マリオット京都京丹波154,880円
モクシー大阪本町166,860円5,000円バウチャーを15%オフで購入可能
(トータル142,110円で宿泊可)
モクシー大阪新梅田174,240円5,000円バウチャーを20%オフで購入可能