マリオットボンヴォイアメックス誕生!ノーマルとプレミアムの2種類の特典を解説

・マリオットボンヴォイアメリカン・エクスプレス・カードとは?

・マリオットボンヴォイアメリカン・エクスプレス・プレミアムカードとは?

・ノーマルカードとプレミアムカードの違いは?

そんな疑問にお答えします。

 

2022年2月8日にようやく発表されました!

SPGアメックスの後継となる新カード「マリオットボンヴォイアメリカン・エクスプレス・カード」です。

本家の米国では2年以上前から発行されており、日本でも、もうすぐ発行、もうすぐ発行と言われ続けていたカードです。

基本的にはSPGアメックスと同じような特典内容となっていますが、改善されたポイントもあれば、改悪となったポイントもあります。

また、カードがノーマルカードとプレミアムカードの2種類あるため特典などが分かりにくい状況です。

 

そこで本記事では、SPGアメックス時代から使い始めて4年目の僕が、このマリオットボンヴォイアメリカン・エクスプレス・カードを徹底解説します。

こんな僕が記事を執筆しています。

もくれれもくれれ
・マイルで家族4人を笑顔にするパパマイラー
・マイルやポイントでお得に旅行しています
・2023年航空チケット・ホテル宿泊費無料のハワイ旅行達成
・この経験を皆さんにも味わってもらうためにブログ配信中

 

記事の前半では2つのカードの特典概要を説明し、記事の後半では詳細な解説をしていきます。

本記事を読むことで、マリオットボンヴォイアメリカン・エクスプレス・カードの特徴を把握することができます。

 

尚、本記事では以降、以下のようにカード名称を略して記載をします。

  • マリオットアメックス:マリオットボンヴォイアメックス・エクスプレス・カード(ノーマル・プレミアム)のこと
  • マリオットアメックスノーマル:マリオットボンヴォイアメックス・エクスプレス・カード(ノーマル)のこと
  • マリオットアメックスプレミアム:マリオットボンヴォイアメックス・エクスプレス・カード(プレミアム)のこと

 

マリオットアメックスの特徴

マリオットアメックスノーマルとマリオットアメックスプレミアムの2種類が存在

マリオットアメックスになりカードの種類が2種に増えました

SPGアメックスの後継となる「マリオットアメックスプレミアム」と、その廉価版となる「マリオットアメックスノーマル」の2枚です。

マリオットボンヴォイ・アメックス

マリオットアメックスプレミアムはSPGアメックスの後継のため、基本的な特典内容は同じとなっています。

マリオットアメックスノーマルは、マリオットアメックスプレミアムと比較すると特典内容は小さくなっていますが、その分、年会費を抑えたモデルになっています。

それぞれの特徴をこの後、ご説明します。

 

SPGアメックスからマリオットアメックスプレミアムの変更点

まずはSPGアメックスからマリオットアメックスプレミアムに変更になったことで改善した点、改悪となった点をまとめます。

基本的には後継カードということで特典内容を引き継いているのですが、変更となった点もあります。

それぞれの内容については、このあと解説をしていきます。

改善点改悪点
400万円の利用でプラチナエリートになれる無料宿泊特典の条件に150万円以上のカード利用が追加
エリートナイトクレジットが15泊新規入会特典の条件が30万円のカード利用に変更
100米ドルのプロパティクレジットを付与年会費が49,500円(税込)に値上げ
空港から自宅への手荷物宅配に羽田空港が追加旅行傷害保険が利用付帯のみ
スマートフォンプロテクションが付帯

 

 

マリオットアメックスノーマルとマリオットアメックスプレミアムの特典内容

では次にマリオットアメックスノーマルとマリオットアメックスプレミアムの比較をしていきます。

マリオットアメックスノーマル/プレミアムの特典一覧

マリオットアメックスのノーマルとプレミアムを比較してみます。

まずは下表にまとめてみましたので、ご覧ください。

 

<表はスクロールします>

特典内容マリオットアメックス
ノーマル
マリオットアメックス
プレミアム
Marriott関連Marriott Bonvoy資格シルバーエリートゴールドエリート
ールドエリート
(100万円の利用で)
プラチナエリート
(400万円の利用で)
エリートナイト
クレジット
5泊15泊
無料宿泊特典3.5万Pまで1泊
(150万円利用が必要、更新時)
5万Pまで1泊
(150万円利用が必要、更新時)
100米ドルの
プロパティ
クレジット
ありあり
ポイント付与通常利用100円=2P100円=3P
Marriott Bonvoy
利用
100円=4P100円=6P
入会特典入会特典1万P
(3ヶ月以内に30万円利用)
3万P
(3ヶ月以内に30万円利用)
年会費本会員23,100円49,500円
家族会員1枚目無料、2枚目以降11,550円1枚目無料、2枚目以降24,750円
空港サービス空港から
自宅への荷物宅配
帰国時に荷物1つまで送料無料
(成田・関空・中部)
帰国時に荷物1つまで送料無料
(成田・関空・中部・羽田)
空港ラウンジ国内28、海外1の空港ラウンジを利用可能国内28、海外1の空港ラウンジを利用可能
空港クローク
サービス
中部中部
付帯保険旅行傷害保険利用付帯(海外・国内)
最高3,000万円
利用付帯(海外・国内)
最高1億円
安心サポートショッピング
プロテクション
最高200万円まで補償最高500万円まで補償
オンライン
プロテクション
付帯付帯
リターン
プロテクション
最高3万円まで補償最高3万円まで補償
キャンセル
プロテクション
なし最高10万円まで補償
スマートフォン
プロテクション
なし最大3万円まで補償
(通信料の決済が必要)

 

マリオット・ボンヴォイ関連特典について

ポイント① マリオット・ボンヴォイの上級会員資格の付与

マリオットアメックスを取得することで、マリオット・ボンヴォイのエリート会員になることができます。

マリオットアメックスノーマルの場合はシルバーエリート、マリオットアメックスプレイアムの場合はゴールドエリートになることが出来ます。

 

また、マリオットアメックスノーマルの場合は、年間100万円以上のカード利用でゴールドエリート、マリオットアメックスプレミアムの場合は、年間400万円以上のカード利用でプラチナエリートになることが出来ます。

マリオット・ボンヴォイのステータスは、シルバーエリートではそれほど恩恵がなく、最低でもゴールドエリートだと無料のお部屋のアップグレード特典が付与されます。

また、マリオットアメックスが登場するまでは、プラチナエリートになるためにはホテルに宿泊して宿泊数を貯めるしか方法がありませんでしたが、このカードの登場によりカード決済のみでプラチナエリートが獲得可能となりました。

これはケード決済額が大きい方には大きなメリットです。

ただし400万円というカード決済は僕のような庶民にはなかなか達成できる数字ではないです。

 

ポイント② エリートナイトクレジットの付与

マリオットアメックスノーマルの場合は5泊、マリオットアメックスプレミアムの場合は15泊のエリートナイトクレジットが付与されます。

エリートナイトクレジットとは、マリオット・ボンヴォイの宿泊実績のことです。

マリオット・ボンヴォイでは宿泊実績に応じてもエリートステータスを付与しています。

ゴールドエリートの場合は25泊、プラチナエリートの場合は50泊の宿泊実績が必要です。

マリオットアメックスプレミアムの場合、15泊もの宿泊実績が付与されますので、400万円のカード利用をするよりも35泊の宿泊実績を積んでプラチナエリートを目指す方が簡単かもしれません。

特に2022年は宿泊実績が倍になるプロモーションも実施しているので、この辺りを活用すると18泊するだけでプラチナエリートを獲得できます。

プロモーション内容の詳細は下記の記事にまとめていますので、よろしければご覧ください。

関連記事

・2022年1Qのマリオットプロモーションの内容は?・2022年1Qマリオットプロモーションを使うと上級エリート会員になりやすい?・2022年1Qマリオットプロモーションにおすすめのホテルは?そんな疑問に[…]

マリオット2022年1Qプロモーション

 

ポイント③ 無料宿泊特典の付与

マリオットアメックスノーマルの場合は、3.5万ポイントまでのホテルに宿泊できる無料宿泊特典が付与されます。

マリオットアメックスプレミアムの場合は、