【マリオット】2021年に目指すべきエリートステータスは?プラチナ?チタン?アンバサダー?

2021年のマリオットキャンペーンが発表されました。

エリートナイトボーナスや、ダブルエリートナイト、ダブルポイントなど2020年以上にすごいキャンペーン内容となっています。

これを受けて、2021年はどのエリートを目指すのか悩んでいる方も多いと思います。

プラチナエリートを維持するのか?

チタンエリートを目指すのか?

など、現在のステータスなどの条件で、迷い方は人それぞれです。

そこでタイプ別に分けて、2021年にどのステータス獲得がおすすめかを検討していきます。

 

また、合わせてダブルエリートナイトキャンペーンのポイント宿泊を使った効率良い予約方法もご紹介しますよー。

 

あ、この記事を書いている僕の自己紹介をさせてください。

もくれれもくれれ
・マイルで家族4人を笑顔にするパパマイラー
・子供が生まれて海外旅行費に愕然
・マイルとポイントに出会って旅行を楽しめるように
・平均年収で旅行を楽しむ方法を配信
・自分の経験を皆さんにも味わってもらいたい

 

それではご説明していきますね。

【こんなことがわかります】
・2021年マリオットキャンペーン内容
・2021年のエリート資格取得に必要な宿泊実績数
・現在のエリート資格に応じたおすすめの2021年エリート資格
・ダブルエリートナイトキャンペーン活用の方法

2021年のマリオットキャンペーン内容

3大キャンペーンの内容を再確認

①2020年実績に基づくエリートナイトボーナスの付与
:2020年のエリート資格に応じて、そのエリート資格に必要な宿泊数の半分がエリートナイトボーナスとして付与される

2020年に獲得したエリート資格2021年に付与されるエリートナイトボーナス
ゴールド13泊
プラチナ25泊
チタン38泊
アンバサダー50泊

 

②ダブルエリートナイト、ダブルポイント
:宿泊実績及び宿泊ポイントが2倍になる

③ポイント宿泊割引キャンペーン
:オフピークの宿泊ポイント数が割引となる

④アンバサダーエリート実績数割引
:通常2万ドルの実績が必要だが、1万4千ドルに割引

 

2021年のマリオットキャンペーンの詳細についてはこちらの記事でご紹介しています。

関連記事

2020年はマリオット・ボンヴォイのキャンペーンが目白押しでしたが、2021年も激アツです!特にプラチナエリート、チタンエリート、アンバサダーエリートなどの上位エリート資格を取得しやすいキャンペーンが多いので、2022年も引き続きホ[…]

 

エリート資格に必要な宿泊

次にキャンペーンを考慮すると2021年のステータス獲得に必要な宿泊日数がどのように変化するか確認します。

2021年の特別キャンペーン以外にエリートナイトボーナスが獲得できるものが3つあります。

(1) SPGアメックスに入会している場合は、5日のエリートナイトボーナス
(2) プラチナエリート達成時のチョイス特典で5日のエリートナイトボーナスを選択
(3) チタンエリート達成の時のチョイス特典で5日のエリートナイトボーナスを選択

下記のシミュレーションでは、これら(1)から(3)の特典を獲得できた場合は、これを使う前提で必要宿泊数を算出しています。

表の見方を説明します。

・SPGの欄はSPGアメックス所有有無を表しています。○の場合はSPGアメックスの5日のエリートナイトボーナスを加味しています。
・縦に2020年のステータス、横が2021年に目指すステータスを表しています
・数字は()なしの数字が、全ての宿泊でダブルエリートナイトキャンペーンを使った場合、()の数字が全ての宿泊でダブルエリートナイトキャンペーンを使わなかったときの必要宿泊数です

現ステータス
SPG
Amex
2021年に獲得するステータス
シルバーゴールドプラチナチタンアンバサダー
10泊25泊50泊75泊100泊
シルバー×3
(5)
10
(20)
23
(45)
33
(65)
43
(85)
ゴールド×6
(12)
19
(37)
29
(57)
39
(77)
プラチナ×13
(25)
23
(45)
33
(65)
チタン×6
(12)
16
(32)
26
(52)
アンバサダー×10
(20)
20
(40)
ゴールド16
(32)
26
(52)
36
(72)
プラチナ10
(20)
20
(40)
30
(60)
チタン4
(7)
14
(27)
24
(47)
アンバサダー8
(15)
18
(35)

 

これを見て、まず驚くのが2020年のステータス保持者の優遇ぶりです。

例えば2020年にアンバサダーだった人でSPGアメックスを所有している場合、ダブルエリートナイトキャンペーンを使えば通常100泊必要な宿泊が、わずか18泊で済んでしまいます。

通常時の5分の1以下・・・すごすぎます。

 

では、この宿泊数をベースにそれぞれのケースについて考察をしていきたいと思います。

 

ダブルナイトキャンペーンをどれくらい使う必要があるか?

2020年に獲得したステータスに応じて、2021年に各ステータスを獲得するために必要な宿泊実績数がわかったと思います。

宿泊実績数を稼ぐためにはダブルエリートナイトキャンペーンの活用が不可欠です。

ただこのキャンペーンは、対象となる宿泊が2/16〜4/27までと決まっています。

期間中に全て宿泊したとすると78泊にあたります。

全てダブルエリートナイトキャンペーンと使って宿泊するとした場合、78泊中の何%宿泊することになるかをまとめたのが下の表です。

 

現ステータス
SPG
Amex
2021年に獲得するステータス
シルバーゴールドプラチナチタンアンバサダー
10泊25泊50泊75泊100泊
シルバー×4%13%29%42%55%
ゴールド×8%24%37%50%
プラチナ×17%29%42%
チタン×8%21%33%
アンバサダー×13%26%
ゴールド21%33%46%
プラチナ13%26%38%
チタン5%18%31%
アンバサダー10%23%

 

宿泊の仕方は生活スタイルによってさまざまだと思いますが、例えば2週間ごとに2泊するというペースの場合、宿泊率は15%になります。

宿泊率が15%だと、SPGアメックスを持っていない場合は、上位ステータスの維持ができません

SPGアメックスを持っている場合は、プラチナ維持が可能になります。

月に2回、2泊するくらいなら実現可能な範囲だと思うので、ダブルエリートナイトキャンペーン活用はこの辺りのラインが現実的なところかと思います。

 

2020年にシルバーエリート以下の場合

2021年にゴールドエリートを獲得する場合

ダブルエリートナイトキャンペーンを活用すると6泊でゴールドエリートを維持することが出来ます。

リーズナブルなことで有名なフェアフィールド・バイ・マリオット札幌でも1泊8,000円程度はするので、6泊するとなると48,000円が必要です。

であれば、SPGアメックスの年会費34,100円の方が安いので、SPGアメックスに入会した方が得になります。

 

2021年にプラチナエリートを獲得する場合

プラチナエリートを獲得するにはマリオットステータスマッチ制度を使うのがおすすめです。

こちらは生涯に1度しか選択できない制度ですが、他ホテルの上位資格を使ってマリオットプラチナエリートになる方法です。

認定されると90日間の暫定プラチナエリートになることができ、さらにこの90日間のうちに15泊すると、正式なプラチナエリートになることができます。

ステータスマッチの15泊はダブルエリートナイトキャンペーン適用は出来ないので注意してください。

マリオットステータスマッチについてはこちらの記事にまとめています。

関連記事

マリオット・ボンヴォイのプラチナステータス取得が今熱いです!従来までプラチナエリート取得の王道とされてきたプラチナチャレンジが一時中止となり、代わりにステータスマッチが開始となったためです。ステータスマッチとは、他ホテルのス[…]

 

(2021/1/30追記)
マリオットステータスマッチが受付中止になりました。
何か新しい情報があり次第、記事にしたいと思います。

 

2020年にゴールドエリートの場合

2021年にゴールドエリートを獲得する場合

2020年にシルバーエリート以下の場合は、これまでにご紹介した2021年のキャンペーンによる恩恵は少ないです。

ゴールドエリートになるためには、ダブルエリートナイトキャンペーンを使っても10泊が必要になります。

この場合はSPGアメックスに入会してゴールドエリートを獲得するか、ゴールドでなく1つ上のプラチナエリートを狙うのがおすすめです。

SPGアメックスのメリット・デメリットはこちらの記事にまとめています。

関連記事

この記事では、マイラー・ホテラーに大人気のクレジットカード「SPGアメックス」のメリットとデメリットを入会してから3年目に突入した僕が徹底解説します。 突然ですが、旅行は好きですか?僕は旅行が大好きです。しかし[…]

 

2021年にプラチナエリートを獲得する場合

プラチナエリートを獲得するためには、SPGアメックスがない場合は19泊、ある場合は16泊のダブルナイトキャンペーンの利用が必要です。

マリオットステータスマッチを使えば、暫定プラチナの90日間もプラチナエリートの特典が適用されるので、ステータスマッチをして15泊する方がおすすめということになります。

(2021/1/30追記)
マリオットステータスマッチが受付中止になりました。
何か新しい情報があり次第、記事にしたいと思います。

 

2020年にプラチナエリートの場合

2021年にプラチナエリートを獲得する場合

プラチナエリートを獲得するためには、SPGアメックスがない場合は13泊、ある場合は10泊のダブルエリートナイトキャンペーンの利用が必要です。

全てダブルエリートナイトキャンペーンを活用する必要はないので、可能な限りダブルナイトキャンペーンを活用すれば、十分に狙える範囲だと思います。

特に2020年にステータスマッチを使ってプラチナエリートになった方で、マリオットが気に入った方は、プラチナ維持のチャンスだと思います。

【注意】
ステータスマッチの場合は2020年はゴールドエリート扱いとなり、付与されるボーナスエリートナイトは13泊という噂があります。
確認取れ次第、本記事に加筆いたします。

 

2021年にチタンエリートを獲得する場合

プラチナエリートを獲得するためには、SPGアメックスがない場合は23泊、ある場合は20泊のダブルナイトキャンペーンの利用が必要です。

ここにチャレンジするかどうかを迷っている方は非常に多いと思います!

 

2020年からマリオットの上位資格は獲得がしやすい状況なので、現在プラチナエリートの数がすごく増えているんですね。

つまりお部屋のアップグレードなどを狙う場合にライバルが多いんです。。。

なのでその1つ上のチタンエリートを獲得することで、少しでもアップグレード率をあげられる可能性があります。

 

プラチナエリートとチタンエリートでアップグレード率が変わるのか?は、永遠のテーマで、「変わらない」という意見と「チタンエリートの方がいい」という意見とがあります。

実際にチタンエリートの僕の感想としては、アップグレードはあまり変わらないが、待遇はよくなったという印象です。

例えば宿泊前にご連絡を頂くことが多くなったり、こちらの要望に対する対応が厚くなったりした気がします。

ただゴールドエリートからプラチナエリートのように、朝食が無料になったり、ラウンジが利用できたりというわかりやすいメリットがあるわけではないので、結局のところチタンエリートの効果はよくわかりません(笑)

チタンエリートとプラチナエリートを僕の実績をベースに比較した記事がこちらです。

よろしければ合わせてご覧ください。

関連記事

マリオット・ボンヴォイのエリート資格の1つであるチタンエリート。1つ下のプラチナエリートと比較すると、大きな特典などもなく、チタンエリートを取得する必要があるの?と疑問に思っていませんか?そこで本記事ではマリオット・[…]

 

ダブルナイトキャンペーン利用率が26%で達成できますが、これは4日に1回以上のペースになるので、毎週末2泊出来る人や、1週間くらいまとめて宿泊が出来る人にはおすすめとなります。

 

 

2020年にチタンエリートの場合

2021年にプラチナエリートを獲得する場合

2020年にチタンエリートだった場合は、38泊のスイートナイトボーナスが獲得できるので、年間50泊のプラチナエリートについては、ダブルナイトキャンペーンを併用しなくても取得できる範囲になってきます。

SPGアメックス所有者でダブルナイトキャンペーンを使う場合は、わずか4泊でプラチナエリート獲得です。

ここまでは必ず狙った方がお得かと思います。

 

2021年にチタンエリートを獲得する場合

プラチナエリートを獲得するためには、SPGアメックスがない場合は16泊、ある場合は14泊のダブルナイトキャンペーンの利用が必要です。

通常は75泊必要なエリート資格が、わずかこれだけの宿泊日数で獲得できるのはとてもお得だと思います。

ただ前述したとおり、プラチナエリートが簡単に獲得できるので、チタンエリートの価値が不透明な部分を考慮すると、あえて修行のような形で取得しなくてもよいと思います。

必要な範囲で宿泊予定をたてて、獲得できそうであれば狙うのがおすすめです。

 

僕は現在チタンエリートなのですが、ゴールデンウィークや夏休みなどの家族旅行でマリオットを利用する予定なので、これらの宿泊実績も加味して、今年もチタンエリート獲得を目指そうかと思っています。

 

2021年にアンバサダーエリートを獲得する場合

プラチナエリートを獲得するためには、SPGアメックスがない場合は26泊、ある場合は24泊のダブルナイトキャンペーンの利用が必要です。

通常の半分以下とはいえ、かなりの宿泊実績が必要となるので、我が家のようにホテルステイができる生活スタイルじゃないとなかなか厳しいですよね。

また、アンバサダーエリートの場合は、宿泊実績もさることながら、年間の利用実績が14,000ドル(通常は20,000ドル)必要という別のハードルもあります。

 

これらのハードルがクリアーできる選ばれた人が獲得できるのが、アンバサダーエリートかと思います。

僕の場合は全然選ばれた人ではないので、アンバサダーエリートは諦めています(笑)

 

2020年にアンバサダーエリートの場合

アンバサダーエリートの方は、もはや別次元の生活スタイルなので特にアドバイスできることがないのですが、2021年のキャンペーンを活用することで通常よりもアンバサダーエリートの資格取得が簡単になっているので、アンバサダーエリート防衛を目指してもよいのではないかと思います。

 

ダブルスイートナイトのお得な利用方法

ダブルスイートナイトの対象となる宿泊

ダブルナイトの対象となる宿泊は、以下の通りです。

  • 事前にキャンペーンにエントリー
  • 2021/2/16〜4/27の宿泊
  • 一滞在の中に最低1泊有償宿泊を入れる

 

実はこのキャンペーンはポイント宿泊も有償宿泊を1泊入れれば対象になるんです!

例えば3泊する場合は、以下のような考え方になります。

1泊目2泊目3泊目キャンペーン適用
例1有償有償有償対象
例2ポイントポイントポイント対象外
例3ポイント有償有償対象
例4ポイントポイント有償対象

 

2泊の時も10泊の時も考え方は同じです。

有償宿泊が1泊でも入っていれば対象です。

ポイント泊も活用できると助かりますね!

 

ポイント泊を最大限利用するパターン

ポイント泊は5連泊すると1泊無料になります。

つまりポイント泊で4泊する場合と、5泊する場合に必要なポイント数は同じになります。

 

これを考えると、ポイント泊で5泊、有償宿泊で1泊というパターンがもっともキャッシュアウト少なく宿泊できる方法となります。

分割して予約してもキャンペーン対象となるのですが、間違えが起こりにくくするには、予約番号を1つにまとめるのがおすすめです。

キャンペーン開始前は予約番号が1つでないと対象にならないとのことでしたが、2021/2/3にルールが変わり、予約番号が別れても連続する宿泊であれば対象となることになりました。

 

個別に取ってしまった場合は、マリオットデスクに連絡すると予約番号の統合をしてもらえますが、実はキャッシュ+ポイントという支払い方法があるので、これをご紹介します。

 

キャッシュ+ポイントでの予約方法

キャッシュ+ポイントで予約するためには、マリオットWebサイトから実施する必要があります。

アプリからは実施できないので、ご注意ください。

 

Webサイトから宿泊検索をおこないます。

ポイント泊で検索を行ってください。

こちらはフェアフィールド大阪難波の3月、ポイント泊で6泊で検索した結果です。

出てきたプランの下に「支払い方法をカスタマイズする」をクリックします。

マリオット キャッシュ+ポイント

 

すると6泊のうち、有償宿泊にする日を選択することができます。

有償宿泊がもっとも安い日を選択できるのが助かりますね!

有償1泊、ポイント泊5泊で、ポイント泊1泊分が無料になっていることがわかりますね。

 

 

その結果、6,615円(税サ別)+70,000Pで6泊宿泊できることになります。

ダブルスイートナイトキャンペーンがこれに適用されるので、一気に12泊の実績を獲得することができます!

2020年の宿泊ごとに2,500Pキャンペーンなどで、ポイントがたまっている人は、ぜひ、こちらの方法も駆使して宿泊実績を効率よく貯めてください。

なお、検索結果は2021/1/29の結果ですので、今検索しても同じ条件にならない可能性がありますのでご了承ください。

 

その他のホテルをいくつか見ていくと・・・

 

フェアフィールド・バイ・マリオット札幌はこちら。

宿泊単価が安いのでキャッシュアウトは下がりますが、ポイント数は100,000Pになってしまいます

この場合は、全てキャッシュ払いの方がよいですね。

 

 

関東だとモクシー東京錦糸町ですね。

11,700円(税サ別)+108,000ポイントです。

ただ、ここまでポイントを使うなら、もっとカテゴリー上位のホテルに宿泊したいですよね。

 

そこでおすすめはメズム東京です。

49,590円(税サ別)+144,000ポイントと、キャッシュもポイントも高額なんですが、お得度は最強だと思います。

普通に6泊したら税サ込みで30万円近くしますからね。。

ポイントが大量にある方は、ぜひ、トライしてみてください。

 

メズム東京がとても素敵なホテルであることはこちらの記事でご紹介しています。

関連記事

2020年4月に開業した新しいマリオットグループのホテル「メズム東京」以前から界隈の先輩方が絶賛しているのは知っていたのですが、なかなか伺う機会が作れずに時間が経ってしまっていたのですが、ようやく伺うことが出来ました。「五感[…]

 

6連泊はポイントがたまっていないと実現が難しいですが、ポイント泊との組み合わせは2泊から可能なので、ポイントも使いつつ上手にスイートナイトを稼ぎましょう!

 

2021年はキャンペーン活用して2022年を楽しもう

本記事では2021年のマリオットのキャンペーンを活用して、どのエリート資格獲得を目指すのかを検討しました。

現在のランク維持は比較的にしやすい条件となっているので、すでにプラチナエリート以上の方は、ランク維持を目指すのが良いと思います。

2022年になれば、コロナも収まって海外旅行などに行ける・・・かどうかはわかりませんが、そうなることを期待して2022年の上位資格を獲得しましょう!

 

マイラー仲間が集う無料のオンラインコミュニティを運営中です。

完全無料なので登録して損はないと思います。

ご興味あれば、ぜひ、ご参加ください。

色々な情報を交換しましょう!

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

みなさんからのアクセスが、記事投稿の活力です。
よろしければ上記のリンクから本記事のシェアを頂けると嬉しいです。

本サイトでおすすめのクレジットカード「SPGアメックス」の紹介入会はこちらから。
通常30,000ポイントの入会特典ボーナスが、36,000ポイントに増額されます!!

紹介入会はこちらから
最新情報をチェックしよう!