木製の立体パズル、 脳活キューブは親子で5年は遊べる良質なパズル【グッドトイ賞受賞!】

今回は、3歳ごろから遊べる、キューブ型の立体パズル、脳活キューブを紹介します。

我が家には、様々な知育玩具があります。

特に次女がパズル好きで、家にある様々なパズル、なかでも立体パズルを通じて、考える力が大きく育っているように思います

ただ、我が家にあるのは、主に考える力と指先の器用さが両方求められるもの。

それはそれでいいのですが、一つくらい、考える力だけにフォーカスしたものがほしいな…と思っていたところ、この脳活キューブと出会いました。

さっそく購入し、次女と遊んでみたところ、とても気に入って、繰り返し遊ぶように

絵が可愛いのと、難易度が高めなところが気に入ったようです。

今もこのパズルはお気に入りで、毎日のように遊んでいます。
そんな次女のお気に入り、脳活キューブを今日はたっぷり紹介したいと思います。

【こんなことが分かります】
・脳活キューブは25個のキューブを使って絵を作るパズル
・作例だけで150種類以上あり。
・類似品は、バリエーションで圧倒的に劣る。
・挑戦するのが好きな子供にとてもおすすめ。

 

木製の立体パズル、脳活キューブ

思考力を養う立体パズル

パズル好きな子供なら、必ず行きつく立体パズル。

脳活キューブもパズル好きの子供なら、必ずはまるおもちゃです。

中には、それぞれの面に異なる模様の描かれた5種類のキューブ、

トレイと枠板、150種類もの作例が載った、テキストが入っています。

遊び方はとてもシンプル。

キューブを組み合わせて、このように絵を作るだけです。

ただこれが、小さな子供には相当な難易度。

一度でスムーズに完成することはほとんどなく、何度も試行錯誤しながら解くので、
思考力や集中力を養うことができます

製造は知育玩具の国産メーカー、エド・インター

このパズルの製造を手掛けたのが、国産の知育玩具の雄、エド・インター。

木製のシンプルなおもちゃをたくさん作っている会社で、ボーネルンドに続いて、我が家のお気に入りです(笑)。

良質な木のおもちゃって、輸入物だとかなり高くつくのですが、同社のものは比較的価格が安く、色々と集められるのが気に入っています。

デザインもシンプルだけど、女の子の心をつかむ可愛らしいものが多いですよ。

木製のおもちゃにはメリットがたくさん

このパズルのお気に入りポイントの一つが、木製であること。

子供のおもちゃは木製がいいってよく言いますよね。

それは、こんな理由があるからなんです。

温度が直に感じられて、持った時の感触が良い。
・欠けにくく、長く遊べる。
口にいれても安心。

と色々述べましたが、やはり一番は見た目です(笑)。

木製のおもちゃってちょっとしたインテリアにもなりますからね。
特にパズルの場合、完成品を家に子供たちが飾りたがるので、木製は大きなメリットです。

立体パズル・脳活キューブの遊び方

では、実際に脳活キューブで遊んでみましょう。

遊び方は2パターン。平面で絵を作るか、立体で作るか。

下で実際に娘が遊んでいる様子をお届けしますね。

遊び方① 平面で絵を作ってみよう

基本的な遊び方です。

テキストを見ながら、キューブを並べていきます。

まずは2×2の大きさから…。

これは、楽勝でした。
大人が手伝わなくても、このくらいのものなら一人で作れます。

でも、簡単すぎたようで、もっと難しいのがやりたい様子。

では、難易度をあげましょう。
3×3になると…

一気に難易度が増します。

一列ずつ、「これでいい?」と確かめながら進む娘。

一生懸命頭を使っているのがわかります。

ピースを選ぶことはできても、正しく置くのが難しい様子。
普通のジグソーパズルは得意な娘ですが、簡単ではないようです。

僕の手を借りながら、なんとか完成。
と思ったら。すぐに次のレベルに行きたいと言い始めました。


そこで4×4に挑戦。

難しいだろうと思ったのですが、ここまでで少し鍛えられたのか、
アドバイスをしなくても最終列まで一人でやってきました。

 

最後のピースは、ちょっと悩んだ末に選んで成功。
このあと、完成品を見せるために、家中の人間が集められました。

遊び方② 立体で絵を作ってみよう

キューブを上に積み重ねていけば、立体の作品を作ることもできます。

平面で絵を完成させるのとは違い、手の器用さが求められるので、手指の器用さを養うことができますよ。

立体パズル・脳活キューブのメリット・デメリット

では、脳活パズルの優れているところと、そうでないところを、メリット・デメリットとして下で説明していきます。

メリット① 立体パズルは年齢に応じて長く遊べる

パズルの中でも、特に遊びの幅が大きいのが立体パズル。

普通のジグソーパズルは、年齢に応じたピース数があり、それ以外のものは簡単すぎたり、難しかったりでうまく遊べないことがほとんど。

また、ジグソーパズルは基本的に一つしか遊び方がありません。

それに対して、脳活キューブのような立体パズルは、遊び方が無限大

作例だけでも、150も載っているので、さくっと簡単なものを作ったり、じっくりと考えて難しいものを作ったり…能力ややる気に応じて、自由に遊ぶことができます

ちなみに、我が家の次女の場合、2×2から4×4までは、楽しく遊ぶことができるようです。

5×5は、大人の僕でも少し考えるくらいの難易度なので、もう少し大きくなってから一緒にやってみようと思います。

メリット② 思考力を鍛えられる

パズルは知育の王様。

1 目的を設定する。

2 そのための手段を考え、実行する。

3 うまくいかないときは、理由と対策を考える。

このようなプロセスを経ることで、思考力を鍛えることができます。

特に脳活パズルのよいところは、完成品が可愛らしいところ

お花や猫、鳥など女の子が喜ぶ作例が多いので、次女は喜んで作っています。

メリット③ 国産の木製玩具は、手触りが抜群

木製玩具の魅力はなんといっても手触り。

ただ、国産以外のものって、けっこう作りがあらいこともあるんですよね。

その点、この脳活キューブは、木製玩具にこだわりがあるエド・インター製なので、
つるつる滑らかな触感を楽しむことができます。

デメリット 難易度が高すぎると感じる子供も

年齢に応じて、自由に難易度が設定できるのはいいのですが、最高難易度の5×5は、大人でも苦戦するくらいの難しさです。

5×5では、どの面をどこに使うのか、計画的に配置しないと最後に必ず不足が生じます。

実際僕も、無計画に作っていたところ、見事に最後にピースが足りなくなり、作り直すことに(笑)。

ただ見本のとおりにピースを埋めていっても完成しないとことが、他のパズルとの違いであり、魅力でもあります。

でも、子供によっては、それを難しすぎると感じるかもしれません。

基本的には大人の手伝いなしに5×5のパズルを完成させることはできないので、何でも自分一人でやり遂げたいお子さんの場合は、ストレスを感じるかもしれませんね。

木製の立体パズルは他にも数種あり。類似品との比較

アマゾンなどを見ると、キューブのパズルは他にもいくつかあります。

類似品と比較をしていきましょう。

今回は、こちらと

こちら

を比較してきましょう。

商品名脳活キューブiKing キューブパズルDeerbird 木製パズル
赤単色カラーカラー
キューブの数25個9個16個
完成する絵のパターン150種類以上6種類6種類
価格2,505円1,800円1,199円

価格が最安なのが、Deerbirdの商品です。
カラフルな動物が描かれたイラストは、見ようによっては可愛いですが、
写真をぱっと見た感じでも。木の表面がざらついているように感じます

価格が中間に位置するiKingのパズルは、それよりは質がよさそうです。
ただ、キューブの数は9個と少なく、そのうち物足りなくなるかもしれません

これら2つと比べたときに、脳活キューブは価格が高いものの
完成する絵のパターンが圧倒的に多いです。

1000円ほどの価格の違いで、これだけ遊びの幅が変わるのであれば、最初から脳活キューブを買うのが
オススメです。

類似品の、口コミも見てみましょう。
iKing

思っていたより小ぶりだなーと思いましたが、
3歳の娘はちょっと苦戦していましたが、
パズルを楽しんでいました。娘が成長と共にこのパズルで遊ぶ様子が目に浮かびます。

Deerbird

Affordable but quality is a little questionable.
Get what you paid for.

訳:安いが質に問題あり。値段相応。

iKingの方はいいレビューが多かったのですが、Deerbirdはこのレビュー1件。

どうしても類似品がほしい!という場合には、iKingの方がいいでしょう。

立体パズル・脳活キューブの口コミをチェック

Twitterや、Amazonでの脳活キューブの口コミを紹介します。

うちの次女も、こんな風に自分で絵をかいて遊ぶのが好きです。

3歳のお誕生日祝いに購入しました。キューブの4面のうち、1つが同じ柄でも、他の面はそれぞれ柄が違うことがあるので、適した模様のキューブを見つけるのが思いのほか大変です。しばらくは子どもと一緒にやらないといけないなと思います。子供は大変喜んでいます。テキストブックから、次々と作りたいものを見つけて、取り組んでいます。

出典:Amazon

やはり、低年齢のうちは、親と一緒に取り組む形になりそうですね。

バリエーションが魅力の立体パズル・脳活キューブ

類似のものと比べても、遊びの幅の広さが圧倒的な魅力の脳活キューブ。

難易度は高いですが、完成品が可愛いので、挑戦することが好きなこであれば気に入ること間違いなしです。

実際、うちの娘たちは毎日のように、何かを作っては遊んでいるので、外箱がボロボロになっています(笑)。

また、国産の知育玩具はそんなに多くないので、プレゼントとしても喜ばれますよ。

長い夏休みに、親子で取り組んでみてはいかがでしょうか

 

本サイトでは、多数の知育玩具を紹介しています。
こちらのページでは、知育玩具の雄、ボーネルンドの製品を一挙28種類紹介しています。
よろしければどうぞご覧ください。

関連記事

今回はボーネルンド製のおもちゃを、一挙28種類、紹介します。子供が大好きで、知育効果も期待できるボーネルンドのおもちゃは、誕生日やクリスマスのプレゼントにぴったりです。でも、他社製品に比べてちょっとお高め…。種類[…]

 

 

みなさんからのアクセスが、記事投稿の活力です。
よろしければ上記のリンクから本記事のシェアを頂けると嬉しいです。

本サイトでおすすめのクレジットカード「SPGアメックス」の紹介入会はこちらから。
通常30,000ポイントの入会特典ボーナスが、36,000ポイントに増額されます!!

紹介入会はこちらから
最新情報をチェックしよう!