Kyash

Kyash:使って実感、メリット・デメリット!PayPayもLinePayも対応

おむすびころりんです。

本サイトでもご紹介しているいつもの買い物が2%キャッシュバックされるオンライン・ウォレットサービスのKyashですが、実際にリアルカードを使ってみてその便利さに驚いています。

クレジットカードとしてほぼ違和感なく利用可能かつ、PayPay、LinePayとの併用が可能だったりします。

これら何がメリットですごいのかと、実際に使ってみてわかったデメリットについて、ご紹介します。
(2019年2月17日初版 2019年4月29日更新)

Kyashとは?

Kyashとは、PayPayやLinePayと同じようなオンライン・ウォレットサービスです。
PayPayなどとの違いは以下の通りです。

驚異の還元率2%(+普段のクレジットカードポイント、ポイントサイトポイント)
VISAカードとして利用可能(そのためポイントの多重取りが可能)
リアルカード(クレジットカードのような実際のカード)の発行が可能
→PayPayなどと組み合わせて利用することが可能
Kyash
Kyash

 


①驚異の還元率2%

Kyashは利用した金額の常に2%がキャッシュバックされます。

PayPayの場合は、大型キャンペーンが20%という驚異の還元率となっていますが、通常時は0.5%の還元率です。
LinePayの場合は、利用しているサービス、利用金額に応じて還元率が変動し、0.5%〜2%です。

ライバルの還元率と比較すると驚異の還元率であることがわかります。

②VISAカードとして利用可能

Kyashはプリペイド型のクレジットカード(VISA)として使用できます
そのため、VISAカードが使えるお店、ネットショップであれば、どこでも利用が可能です。
プリペイド型のため、チャージを行う必要があります。
チャージ方法は、クレジットカード、銀行ATM、コンビニからの入金が選択できます。
クレジットカードを選択した場合、クレジットカードのポイントは通常通り付与されます。
従って、1%還元のクレジットカードの場合は、合計で3%の還元率となります。
さらにKyashをPayPayなどのチャージ用クレジットカードとして使うことも出来ます。
この場合は、PayPay還元(0.5%)+Kyash還元(2%)+クレジットカード還元(1%)となり、
ポイントの三重取りで合計3.5%もの還元になります。
使うクレジットカード次第では、5%以上の還元も実現可能です。

リアルカードが発行可能

Kyashはネットだけで使えるバーチャルカードと、ネットと実店舗で使えるリアルカードと2種類のカードの発行を行なっています
リアルカードを発行した場合は、VISAカードが利用可能な実店舗全てでKyashを使うことが出来ます。
新しくお得なVISAのクレジットカードを発行したのと同じように使うことができるイメージです。
その他、Kyashの特徴については、以下の記事にまとめています。
関連記事

 普段使っているクレジットカードのポイントに加えて、さらに追加で2%の還元を受けることのできる、あまり知られていない素敵なサービスをご紹介します。驚きのサービスとは?Kyash(キャッシュ)[…]

使ってわかったメリット

使えるお店を気にする必要がない

とにかくKyashを使い始めて感じるのは、使えるお店を気にする必要がない、ということです。

PayPayやLinePayなどの場合は、そのお店で使えるのかどうか、レジでシールがないか探したり、お店の人に聞いたりする必要があります。これってちょっとした手間ですが、結構面倒だし、恥ずかしいのもありますよね。
また、使えるお店を探すためにアプリにある、「近くの使える店舗を探す」機能を使ったりするのも手間ですよね。

Kyashの場合は、VISAのクレジットカードとして利用可能なため、そのお店で使えるかどうかを気にする必要はほとんどありません。これ、非常にストレスフリーで嬉しいです。

お店でPayPayなどの他のサービスが利用可能だとわかった場合は、Kyashを紐づけたPayPayなどのサービスを使うことで、さらにお得に出来ます。つまりPayPayなどが使えなくてもお得、使えるともっとお得ができるわけです。

また、スーパーなど日常生活で使いお店で普通に使えるのも大きなメリットです。
生活費をKyashにまとめることが出来ます。

利用通知が早い

Kyashを使って決済を行うと、Kyashアプリに利用通知が届きます。
この通知が非常に早いです。
お店の方にKyashを渡して決済処理をして頂き、Kyashを返してもらうのと同時か、それより早いぐらいのタイミングで通知が来ます。iPhoneの場合、以下のような通知がすぐに届きます。

Kyash iPhoneでの通知
iPhoneでの通知

さらにこの通知はApple Watchにも通知されるため、利用確認が非常にスムーズに出来て、使いやすいです。

Kyash Apple Watchでの通知
Apple Watchでの通知

この通知の早さは不正利用対策にも重宝します。
仮にKyashが不正利用されたとしても、すぐに気づくことが出来ます。
Kyashアプリには利用を一時停止する機能もついていますので、アプリの利用通知で不正利用を見つけた場合は、すぐに一時停止して、対策を行うことが出来ます。

 

キャンセル処理も問題なく出来ます

これはメリットでもなんでもなく、ウォレットサービスとして当たり前の機能なのですが(笑)、お知らせしておきます。

Kyashでもキャンセル処理などは問題なく行われます
キャンセルされた金額は、チャージ金額に返金されます。

Kyashキャンセル処理
キャンセル

この辺りの細かい処理を心配される方もいらっしゃるかと思ったので、一応ご紹介しました。

キャッシュバック

Kyashで利用した金額の2%は翌月末までに、Kyash残高としてキャッシュバックされます。
以下の記事で実際のキャッシュバックの様子をレビューしていますので、よろしければご覧ください。

関連記事

大型キャンペーンを実施して話題となっているPayPayやLinePayですが、これらの還元率をさらにアップさせることが出来るのが、バーチャルウォレットサービスの「Kyash」です。それほど話題となるキャンペーンを打ち出せていないため、地味な[…]

Kyash

使ってわかったデメリット

利用明細の分散

私はこれまでメインのクレジットカードに支払いを集中させ、毎月の利用確認はこのクレジットカードの明細を確認することで行なっていました。

現在はKyashにこのメインのクレジットカードを自動チャージで紐づけて使っているのですが、この場合はクレジットカードの明細には、「Kyash」でいくら使った、という記録が残るだけで、何にKyashを使ったのかまではわかりません。また、CSVなどに吐き出す機能もないので、家計簿ソフトなどに一気に読み込み、みたいなことが出来ません。

もちろんKyashアプリに利用履歴は残るので、何に使ったかは確認できるのですが、毎月の収支計算などを行うときに一手間必要となってしまいます。

これはオンライン・ウォレットサービスを使えばどのサービスでも同じように感じるデメリットなので、仕方ないと割り切っています。サービス側での改善を期待します。

リアルカードはIC非対応

VISAカードとして使えるリアルカードは、使える店舗を選ばずに便利なのですが、ICチップが搭載されていません。そのため暗証番号での決済が出来ず、毎回サインを行う必要があります

最近のクレジットカードはどれもICチップ搭載が当たり前になっており、暗証番号での支払いに慣れていると、いちいちサインを書くのが面倒に感じます。それとカードを読み取ってから、サイン用のレシートが出てくるまでの時間がちょっと長いんですよね。。。(これは店舗とカード会社を接続するネットワークが古いものが多いため)時間としては数10秒の話なんですが、ちょっとストレスを感じたのでデメリットにあげてみました。

こちらについては、Kyashはリアルカードがあるというメリットがあるからの悩みですし、ちょっと我慢すればいいだけの話なので、そうしようと思っています。

見た目がクレジットカードっぽくない

皆さんがお持ちのクレジットカードはどんなタイプでしょうか?
一般的には数字の部分などはカードに打刻され、凹凸があるタイプだと思います。

しかしKyashの場合は、この凹凸が一切なく、カードが真っ平らになっています。
そのため、カードの見た目がクレジットカードのように見えません。

お店で買い物してカードを出すと、クレジットカードだと思って貰えず、一瞬、店員さんの顔が怪訝な顔になります。
カードに大きく「VISA」と書かれているためか、店員さんもすぐに気づいてはくれるのですが、この一瞬が嫌な人は嫌だと思うので、デメリットとしてあげさせてもらいました。

 

リアルカードは発行に1ヶ月かかる

Kyashのバーチャルカードは即時発行ですが、リアルカードは申し込みして届くまでに1ヶ月ぐらいかかります
仮にこの記事を読んでいただいて、使ってみよう!と思って頂けたとしても、実際にリアルカードで実店舗の支払いが出来るようになるのは1ヶ月先になってしまいます。

このスピード感のなさは、デメリットだと感じています。
カードが届くと忘れてしまうデメリットではありますが。

2%還元は続くのか?

現在は2%という驚異の還元率のKyashですが、類似サービスの動向を考えるとこれが永久に続くということは考えにくいと思います

ただ、現時点では還元率引き下げの発表はされていないので、どんどん使って今のうちに2%還元の恩恵を享受しておくのがベスト!と考えます。

まとめ

Kyashを実際に使ってみて感じたメリットとデメリットについてご紹介しました。
みていただいてわかる通り、大きなメリットがある一方、デメリットは大きなものがありません
ぜひぜひ、使って頂きたいおすすめサービスですので、使ってみてください。

なお、入会方法は以下の記事でご紹介しています。

関連記事

通常使っているクレジットカードのポイントに加えて、2%の還元を受けられるプリベイト型ウォレットサービスのKyash。今回はその入会方法についてまとめてみました。Kyashとは? 通常使っているクレジットカ[…]

関連記事

去年末に申し込みをしたKyashのリアルカードがようやく到着しました。2018/12/27に申し込みをして、2019/2/9に届きました。年末年始を挟んだとはいえ、約1.5ヶ月の待ち時間ですね。今回はそんな大人気なKyashのリアルカードの[…]

Kyashリアルカード

また、Kyashと組み合わせると2%の還元に加えてANAマイルが最大1.648%貯まるすごいカードを、以下の記事でご紹介しています。
私自身も行なっていますが、Kyashとの相性が非常によいカードなので、ぜひ、ご覧ください。

関連記事

「ANA VISA/マスターワイドゴールドカード」のメリット、デメリットをご紹介します。本サイトではマリオット・ボンヴォイ系のホテルに強いSPGアメックスカードをおすすめしています。ただ日常のクレジットカード支払いをANAマ[…]

 

 

みなさんからのアクセスが、記事投稿の活力です。
よろしければ上記のリンクから本記事のシェアを頂けると嬉しいです。

本サイトでおすすめのクレジットカード「SPGアメックス」の紹介入会はこちらから。
通常30,000ポイントの入会特典ボーナスが、36,000ポイントに増額されます!!

紹介入会はこちらから
Kyash
最新情報をチェックしよう!